【書評】「論破力」 ひろゆきみたいに口論が強くなるために実践すべき5つのこと

ライフハック

こんにちは、久しぶりの更新となります。

以前にひろゆきさんの『働き方 完全無双』を購読し、

その「論理的で少しずる賢い提案や、豊富な知識、ベーシックインカムの実現といった政治的な面」など多くに感動し、新刊の「論破力」も購読させていただきました。

ひろゆきさんは「討論番組」でお馴染みですが、「頭の回転が素早く、分かりやすい説明や、鋭い指摘」など論破力が非常に高いことが見て取れます。

僕もひろゆきさんのように口喧嘩強くなりたい!ということで、「この本から学んだことと実践しようと思った5つのこと」を備忘録も兼ねて書いていきます。

シタ↓
最近ずっとひろゆきさんの動画に時間を溶かしている。ベーシックインカムは私も賛成!
ウエ↑
こら!またネット右翼からアンチコメントもらうからそういうこと言わないで
created by Rinker
¥875 (2019/01/24 01:47:38時点 Amazon調べ-詳細)

もくじ

論破力(出版日:2018/10/12)の目次は以下となっています。

  • 第1章 議論とはゲームである
  • 第2章 観客の心を揺さぶる論破テクニック
  • 第3章 手ごわい相手に「YES」と言わせる説得術
  • 第4章 厄介な人を転がす技術
  • 第5章 「ああ論破したい!!」こんなときどうする?!ひろゆきのお悩み相談室
  • 第6章 議論に強くなる頭の鍛え方
  • あとがき

論破力という割には、実践でのテクニック面よりもマインド的な部分に関しての説明が多いように思います。そのため、思ったよりかは実践で利用できそうなテクニックは少なめかなぁ

ただ、あとがきにて「他人を変えるよりも自分を変える方が早い」と言っているので、他人を変えるテクニックよりも自分自身の考え方を変えていく方が重要だという思いが伝わってきます。

(例えば過去の言い争いで、なんで言い返せなかったんだろうと気にするのは無意味など…)

まぁ良くも悪くもいつもの「西村博之」さんの本でした。

スポンサードリンク

「学んだこと・実践しようと思った5つのこと」

①討論の勝ち負けは「他人が決めている?」

まず前提として、「討論の勝ち負けは他人が決める」ようです。

どう他人を自分と同じ意見にさせるまで説得するのか、ということが気になったのですが、残念ながら1対1の場合は説得させるのは嘘を嘘と見抜ける人でも難しいようです。

例えば、子供と父親がいたとして

子供が「1+1=2」だと言って、

父親は「1+1=3」だと言い張っていたとします。

その場合、いくら説明しても父親が「それは3だ!」と言えば議論は平行線上で勝敗がつきません。つまり、いくら2人で争ったところで勝ち負けは明らかにならないのです。

しかし、そこに「お母さん」という他人が登場し、「なに言ってるの、1+1=2が正しいわよ」とジャッジを下すことで、はじめて「子供が勝利」となります。

これが討論番組なども同じで、メインパーソナリティーや視聴者が「ジャッジ」するというわけです。

つまり複数人いた場合に大切なことは、「相手を説得させること」や「全力で自分の意見をぶつける」ではなく、

「他人から見たら(客観的に見たら)どちらが正しいことを言っていると判断されるだろうかを意識しながら話す」ことが1番重要になってくるのです。

①周りの人たちに、「この人が言っていることは正しいんだ」と思わせるような印象を与えることが重要

②「感情」よりも、「事実」の方が強い

それから討論のときにもう1つとても重要なことがあり、それが「意見を言わずに、事実を言うこと」になります。

僕も機嫌が悪いときなどは特に感情的になってしまうのですが、人はどうしても「討論の場では感情ベース」で話してしまいがちです。

しかし、ひろゆきさんは「事実ベース」の話をしていることが圧倒的に多いと仰っています。

例えば「イヌはサカナを食いますよね」という事実を言ったときに「いや、食わねえよ」という反論を成立させるのは、とてつもなく難しい。

だって、イヌはサカナを食いますから。「じゃあ、動画出しましょうか」で<終了>になってしまうわけです。

論破力(朝日新書)』20ページより引用

例えば、さきほど出した「1+1=?」という議題においても、

父親が「いや、そうじゃない!僕は3だと強く思う!」と熱弁したところで、事実は「2」なので、他人から見ると子供の方が言っていることが正しいと判断されてしまうわけです。

僕も最近はあまりないですが、けっこう感情的になってしまうことがあるので気をつけなければと思いました。(前に出したアルバイトの記事とかもそれで、その結果コメ欄が炎上しました。ほんとすみませんでしたッ)

② もっともらしい意見よりも、事実の方が断然強い!感情ベースではなく、事実ベースで話をしよう!

「勝間 vs ひろゆき」の動画でも「事実」ばかり言っていた!

放送当時、勝間さんのブログが大炎上したり、ひろゆきさんまでも寝不足で言い過ぎてしまったと謝罪文を公開した「勝間VSひろゆき」の対談ですが、

よく動画を観察すると、「ひろゆきさんは事実ベースで話している」ことが分かります。

例えば、

「山田さんなのか、名無しさんだろうと、それをプロバイダーに請求するコストは一緒」や、

「10代の学生たちが携帯を持って、バイトして10万のカバンとかを買うのは他の国ではありえない。女の子が夜中の10時に街をうろついて歩いていても襲われないし、騒ぎにならないのはすごく幸せなこと」

などの客観的な事実ばかり言っているので、多くの人がひろゆきさんの方に分があると判断したのでしょうね。

③「~だと思う」は事実だから強い

それから「~だと思う」という言葉も、そこそこ優秀でして、

実際に自分がそう思ったのならば事実なので他者は否定できないわけです。

例えば、「あの人はケーキが好きです」という言い方だと、本人が「ケーキ嫌い」と言ったら間違いになってしまいます。

けれど、「あの人はケーキが好きだと思います」という言い方ならば、事実は嫌いだったとしても「思ったという事実」まで否定されるわけではありません。

実際に弁護士さんも、基本的には裁判官の前では断定口調では話さないようです。

「あっ、こいつ証言をひるがえしたな」と思われるのが1番最悪というわけですな。

僕も文章を書くときには、意見が中途半端にならないように言い切ってしまうことが意外と多いですが、しっかり証明することができない(データがない)場合は、言い切らずに「~だと思う」を積極的に使おうと思いました。

③「思う」は事実だから、他人はその内容を否定できない

④「絶対」などの「断言や強調法」は口論では禁句

リアルでは「絶対」をよく使ってしまう僕のような人には悲しいお知らせなのですが、

ひろゆきさんは「絶対に、必ず、明らかに」などの強調法は使ってはいけないと仰っています。

例えば、「人を殺すのはよくない」という議論になったとしましょう。

「多くの場合、人を殺すのはよくないです」という発言は、多くの人が正論だと思うはずです。

しかし、「絶対に人を殺すのはよくない!」と断言してしまうと、「テロリストがたくさんの人の命を狙っていて、自分がそのテロリストを殺せばみんな助かる」というシチュエーションを持ち出されると、必ずしも人を殺めることが悪いとは言い切れないと論破されてしまいます。

つまり、それはあなたの感想ですよね?という話です。

確かに自分の意見をハッキリと言うことは大切ですが、「絶対、必ず、明らかに」などの発言は、自ら弱点をつくってしまうので、注意しましょうとのことです。

 

リアルでは「絶対」が口癖の俺氏・・・・う~ん、気をつけないとゼッタイに

④「断定口調」は自ら逃げ道を塞いでしまうので、できるだけ使わないように注意すること

⑤使うなら「結構な確率で」にしよう

しかし逆に便利な言葉もあって、それが「けっこうな確率」という言葉なのです。

「結構な確率」というと、人によって解釈が違ってくるため、

「それなりに」という受け取り方もできれば、「五分五分だ」という受け取り方もできます。

あとで失敗したときに「五分五分の意味で使ったんですよ」ともいえるわけです。これが「80%うまくいきます」だと、かなり言い訳しにくいですよね。

論破力 (朝日新書)75ページより引用

さすがずる賢いだけはあって、すごく便利な言葉を発見したものです(失礼)

「結構な確率で人を殺すのはよくない」ならば、(50%~90%ぐらいの確率でという幅広い受け取り方ができるので)大半の人は賛同できますからね。

⑤「絶対」を使いそうになったら、「結構な確率で」を使ってみよう!

終わりに

実践しようと思った5つのことまとめ

僕的に実践したいと思ったのはここら辺です。

もちろん人によって使えると思うテクニックや考え方は異なると思いますので、ぜひ手にとってみてくださいな。

①討論している相手よりも、「周りの人たち」に「この人が言っていることは正しいんだ」と思わせるような印象を与えることが重要

 もっともらしい意見よりも、事実の方が断然強い!

「思う」は事実だから、他人はその内容を否定できない

「断定口調」は自ら逃げ道を塞いでしまうので、できるだけ使わないように注意する

「絶対」を使いそうになったら、「結構な確率で」を使う

 

ただ、僕の個人的な意見として「論破力はジャンルが狭い」ということもあって、前回の「働き方 完全無双」の方がひろゆきさんの豊富な知識が活かせている感あって好きでした。

ひろゆき「でもそれってあなたの感想ですよね?」

まぁ、そうなんすけど

created by Rinker
¥875 (2019/01/24 01:47:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,062 (2019/01/24 01:47:38時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサードリンク