速読のトレーニングには「速読ドリル」がオススメ

ビジネス書

こんにちは、遅読が特技のヤシタです。

今回は、そんな「速読したいよ!!!」「1日の時間を増やしたい!!」

という人にオススメの本を紹介します。

 

この本はどちらかと言えばトレーニングが中心の本で、文章が少ないため、

「本をあまり読まない」「本が好きじゃない」という方にもオススメできる本です。

速読をする5つのメリットとは?

この本の著者は、速読をすると5つのメリットがあると言っています。

まずは、そのメリットを紹介したいと思います。

速読のメリット

1.仕事が速く終わるようになる(決断が早くなり、残業が減る)

2.視力が良くなる(眼筋を鍛えることで視力が改善する)

3.仕事以外に時間を使えるようになる(資格の勉強をする時間なども生まれる)

4.お金が稼げるようになる(アイデアが生まれやすくなり、結果を出せるようになる)

5.結果、自分に自信が持てるようになる!

など、速読にメリットがたくさんあることが分かります!

僕は視力が低下してきているので、「眼筋が鍛えられる」というのは嬉しいです。

 

もくじ

この本の大まかな流れです。

第1章 この速読で1日が27時間になる!

第2章 数学なぞりトレーニング

第3章 間違い探しトレーニング(イメージ編)

第4章 間違い探しトレーニング(文字編)

第5章 再現トレーニング(イメージ編)

第6章 再現トレーニング(文字編)

第7章 文字並び替えトレーニング

第8章 言葉の思い出しトレーニング

第9章 ふだんの生活でできるトレーニング

 

第1章

速読ができるとどういうメリットがあるのかということや、速読をするコツが余すことなく書かれています。

第2章~第8章

実際に速く読めるようになるための、数々のトレーニングが載っています。

第9章

眼筋トレーニングや、生活しながらできるトレーニングが書かれています。

 

 

数字なぞりトレーニング

では、実際に第2章で紹介されている数字トレーニングをやってみましょう。

分かりやすいように作ってみました!

やり方:数字を順番に見つけていきましょう。

身につくこと:目のストレッチになり、幅広く見ることができるようになります。

※見にくい!という方は画像をクリックして行ってください↓

 

速読のコツ+トレーニング

だいたいの速読について書かれている本は、トレーニング方法まで載っていないことが多いです。(アウトプットする場所がないのでその場で鍛えられないです)

 

しかし、この本は「速読とはどういうものなのか」「速読のコツ」などの要点が、短くしっかりとまとめられています。

そして、その上でトレーニングが中心の本(その場で鍛えられる)となっています。

 

読んでいる(インプット)だけでは、なかなか全てを実践することは難しいですが、この本はそこが両立できていて良いと思いました。

 

何かを「しながら」で速読できるようになる!

この9章に載っているトレーニング方法の1つに、「ながら」トレーニング』というものがあります。

これは「音楽をかけながら本を読む」など、

2つのことを同時に行うのがコツなのだそうです。

 

読むのが遅い人は「左脳」で読みます。

そこで、音楽をかけることによって左脳の意識を、文字以外に逸らすということです。

こうすると「右脳」で理解しやすい環境を作れます

 

音楽をかけながら読むのは、「遅くなりそう、理解できなさそう」なので一見邪道ですよね。

しかし、こんなことでも速読力が鍛えられるということに驚きました。

他にも「会話しながら本を読む」などでも鍛えられるそうで、日常生活でもできる目から鱗のトレーニング方法が紹介されています。

 

まとめ

速読に関する本だからかは分かりませんが、とても読みやすい本です。

「速読がしたい!」と思う方、速読ができる方も読んでおいて損はないと思います。

今回紹介したトレーニング方法は一部に過ぎないです。

本書には他にもたくさんのトレーニング方法が載っているのでオススメです!

 

スポンサードリンク