「ブックオフ」は業績悪化でオワコン化したのか!?実際に行ってみた

お金

こんにちは、ヤシタです。

今回はブックオフ上級者の僕が、ざっとブックオフがオワコン化した理由と、

8月11日からのセールでまだまだ現役であることを実証する内容になっています。

ブックオフは僕の青春

貧乏人の僕は中高生の頃、休みの日になると必ず古本屋を巡っていました。

その中でもお世話になっていたのがBOOKOFF

学校帰りや部活帰りなども、ブックオフでたくさん漫画を読んだものです。

そう、ブックオフと一緒に育ってきたと言っても過言ではありません

オワコン化したブックオフ

値上がり

しかし、ブックオフの古本は2015年ぐらいから価格が高騰しました。

新品の100円程度しか安くない本まで出てきたのです。

これは「せどり対策」だったり、

「フリマアプリ」の影響など、いろいろあると思いますが、

これなら新品で買うわ!!!というのが率直な意見です。

こうなって以来、あまりブックオフには足を運ばなくなりました。

迷走化

Yahooニュースに「BOOKOFF」の記事が載っているとだいたい「業績悪化」に関することです。

「去年(2016年)は家電の売買に力を入れる」

「最近(2017年5月)では富裕層を視野に入れる」など、どんどん迷走しています。

http://www.sbbit.jp/article/cont1/33553

 

そんな中でも唯一、改善したと思えるのは2015年から開始された「ポイントカード導入」でしょうか。それ以外は改悪の一途を辿っています。

 

オワコン化した主な原因

昨今、電子書籍やダウンロード配信が普及し、「本、CD、ゲームなど」を買う文化が薄れています。

さらに、動画配信サイト(アマゾンプライム、ネットフリックスなど)が登場し動画もそちらで見ることが多いため、DVDなども買いません。

 

しかし、なんと言っても一番大きいのは「フリマアプリの登場」ではないでしょうか。

 

僕自身も現在では、メルカリの方が安くて欲しい本がすぐ見つかる(品揃えがいい)という理由で全く行かなくなりました。

家から出ないで購入できるというのも利点ですよね。

 

さらに、売るにしても圧倒的にメルカリの方が高く売れるので、ブックオフに売りに行く意味がどこにもないです。

しかし、そんなブックオフも販路をネットにしたりと、いろいろ工夫はしていますが、いちまいちという状況です。

もうブックオフのビジネスモデルは破綻しています。

「8月11日~」のセール

そんなブックオフは、8月11日から多くの店舗でセールをやっているそうです。

僕の最寄ブコフでもセールがやっていました↓

 

ということで行くことにします。

頼む!!まだオワコン化していないところを俺に見せてくれ!!

ブックオフへの道

すごいことに、ブックオフへ行く道は、ひとっこひとりいません。

これはブックオフのオワコン化を物語っていると言っても過言ではないでしょう。

到着

ブックオフに付きました。想像以上に車がたくさん駐車しています。

しかし、ブックオフの周りだけなんだか雲行きが怪しい気がしますね。

店内

車はたくさん停まっていたものの、店内には人がとても少ないです。

あの車はサクラだったのかもしれません

ブログに関する本

不人気底辺ブロガーの僕は真っ先にブログの本を探しました。

 

どれも10年ぐらい前の古い本ばかりです・・・・残念ながら欲しいと思えるブログ関係の本はありませんでした。

その後

その後も漫画やビジネス書など、自分が興味のあるものを探します

 

購入したもの

結局、購入したものはこれらです。(漫画ばかりに・・・)

値段はプランダラ288円、かくしごと288円、ドメ彼208円、雑談力88円、

872円とかなり安いです。

さらにどれも状態がとても綺麗でした。

 

まとめ

僕は本の状態を気にする方です。

ブックオフなどの古本屋では、本の状態がその場で確認できるというのがフリマアプリにはない利点だと思います。

それから立ち読みもできるので、面白い本の発見にも繋がります。

今回、久々にブックオフに行ってみてかなり安く本を購入できたので、まだまだ終わってないと思いました。

 

ぜひセール期間中に(それ以外でも)ブックオフに足を運んでみてはどうでしょうか?

 

あ、ちなみにこれステマとかじゃないですよ

スポンサードリンク