2017年に1巻が発売した「オススメ漫画」20選!

サブカルチャー

こんちゃっす!どうも、ばやしたです。

2017年も残すところあとわずかとなりましたね。

ここ数年は漫画から離れていた管理人ですが、最近では数年振りに漫画喫茶に通い出すなど、最近また漫画熱が戻ってきました。

この記事では「2017年に1巻が発売した漫画」という縛りで、その中からオススメの漫画20選を紹介していきます!(短編も入れます)

記事の最後に、中でも僕が特に期待している漫画3作品を紹介します。

1.映像研には手を出すな!

アニメは「設定が命」の浅草みどり、カリスマ読者モでアニメーター志望の水崎ツバメ、金儲けが大好きな美脚の金森さやか。ダンジョンへ、戦場へ、宇宙へ–想像の翼を広げて、電撃3人娘が「最強の世界(映像)」を創り出す!

3人の女子高生が映像研究部で「アニメーション制作」をする漫画。

とにかく3人のトークが面白くて魅力的ですが、それでいてアニメーションを制作する上で大切なことや、技法などもしっかり描かれています。

著者がアニメーション制作を行っていたこともあり、絵柄はアニメの絵コンテのようなタッチです。この特徴的な絵柄に慣れない人は多くいると思いますが、「キャラクターの表情」や、「背景」には強いこだわりを感じます。

それから主人公が『未来少年コナン』を見てアニメーション制作に興味を持つようになったという設定には好感が持てます。背景を見れば分かりますが、恐らく著者自身も「宮崎駿」に大きく影響されているのでしょう。

1巻ラストで主人公たちが制作したアニメを発表するところから急激に面白くなるので、とりあえず最後まで読んでいただきたいです。

2.パラレルパラダイス

『極黒のブリュンヒルデ』『君は淫らな僕の女王』の鬼才・岡本倫が放つ!美少女てんこ盛り異色SEXYファンタジー!!異世界に迷い込んだ男子高生・太多陽太は、森の中で美少女騎士・ルーミと出会う。そこは少女だけが存在する世界。神の化身からルーミとの交尾を命じられる陽太。触れられただけで極限まで発情したルーミは‥‥!?

ベテラン漫画家「岡本倫」先生の最新作は、今流行りの異世界ファンタジーもの。

少女だけしかいない世界に主人公が転移してしまうという設定になっているため、今までの岡本作品(エルフェン、極黒)と決定的に違うところは、エロがかなり強いところです。(2巻からは普通に本番をやっています)

もちろん頭がおかしい岡本先生らしいシリアスな展開は本作でも健在

キャラや世界観もよく作りこまれているため、今後も大いに期待ができます。これはオススメ!

3.大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック

僕は鈴木実(すずきみのる)、16歳。誰にも言えない悩みがあるんだ。それは、時々高校時代の母さんが見えること。どうやらそれは、死んだ父さんの記憶がフラッシュ・バックしてるみたいだ。父さんの想いも混じってるせいか、僕は母さんのことを──。 このやり場のない感情をどうしたらいいんだ! というわけで、僕は煩悶の毎日を送っています……。

『謎の彼女X』の植芝先生による最新作。

唾液をテーマに扱っていた謎彼に対し、今作は「マザコン」で勝負をしてきました。あぁほんと・・・この著者はまともな漫画を描きませんね(もちろん良い意味で)

主人公は、ことあるごとに死んだ父親の記憶が「母親への恋心」と一緒にフラッシュバックしてしまうという内容です。

ただの変態漫画ではなく、「父親が主人公に何を伝えたいのか?」というこを探っていく展開になりそうなので、しっかりとしたストーリー漫画になっています。

ただしちょっと特殊な漫画ということもあり、合わない人にはとことん合いそうにないです。なので自信を持ってオススメできませんが・・・オススメです!(小声)

4.春と盆暗

好きな子ができた。同じ職場の女の子。それも誰もが認める「いい人」キャラ。しかし僕は、彼女のとんでもない“頭の中”を知ってしまう!

不思議な女の子に恋をしてしまう男の子の話。

全4話で短編集に近い印象を受けました。(僕のオススメは2番目の話)

「タイトルのつけ方から、恋心の表現方法、オチまで」かなり独特なので人を選びそうな作品です。

「好き」とかそういう分かりやすいセリフや素振りが一切なく、敢えて分かりにくい作者独特の世界で全て表現しています。

しかしこの不思議な漫画を読んでいると、不思議と心が温かくなるのでほんとに不思議な気持ちになってきます。

全く聞かない作家ですが、これは逸材です。

5.とんがり帽子のアトリエ

小さな村の少女・ココは、昔から魔法使いにあこがれを抱いていた。だが、生まれた時から魔法を使えない人は魔法使いになれないし、魔法をかける瞬間を見てはならない……。そのため、魔法使いになる夢は諦めていた。だが、ある日、村を訪れた魔法使い・キーフリーが魔法を使うところを見てしまい……。これは少女に訪れた、絶望と希望の物語。

この漫画は、著者が東京藝術大学の出身者だけあって、絵が藝術の域に達しています。今年1巻が発売した漫画の中では1番画力が高いと思いました。

しかし、ただ単に絵が上手いだけではなく「自然物、生き物、食べ物、魔方陣、建物」などの作画が丁寧で、それらのデザインも世界観にすごく合っているところにセンスを感じます。

トーンは全く使わずに、繊細だけど力強いタッチで影を描き込んでいます。他の漫画とかぶらないこの珍しい絵柄も魅力の1つ。

ただ、画力が特出しているだけあって、内容が少し陳腐に感じてしまう(あまり入ってこない)のが残念でした。

6.ソウナンですか?

飛行機事故のせいで…。今日から青春、無人島っ……!! なんにもないからーー、なんでも作る!! なんでも食べる!!!!(泣) 知恵と勇気の無人島JKサバイバル。あたしたち、けっこう元気です! 【1巻収録内容】セミの食べ方、罠の作り方、簡易アレルギーテスト、ヤドカリの食べ方など…。

飛行機事故で女子高生4人が無人島に遭難してしまうJKサバイバル漫画。

可愛らしい絵柄からは想像が付きませんが、『山賊ダイアリー』よりもサバイバルしています。

雑学や豆知識がとても多いため、『自殺島』や『MASTERキートン』を読んでいるのに近い感覚がある。

絵が綺麗でサービスシーンも多いため、そういうのが好きな方なら買いです。

7.不滅のあなたへ

何者かによって”球”がこの地上に投げ入れられた。情報を収集するために機能し、姿をあらゆるものに変化させられるその球体は死さえも超越する。ある日、少年と出会い、そして別れる。光、匂い、音、暖かさ、痛み、喜び、哀しみ……刺激に満ちたこの世界を彷徨う永遠の旅が始まった。これは自分を獲得していく物語。

『聲の形』の大今良時による新作漫画。

出合った者に「変化」することができる『球』が、動物や人に姿を変え、人と関わっていく物語。

そもそもこの『球』はなぜ地球に送られたのか?など謎が多く、現段階で評価するのは難しいが、ものすごく期待できる漫画です。

少年漫画の王道的なイメージとか掛け離れているので、そういう意味では万人受けするのかは微妙な作品ではあります。

8.キング・オブ・アイドル

最高峰のガールズアイドル養成学校「NEMS(ネムズ)」──
これは、伝説のアイドルを母に持つ“遙名まほろ”が、同校で夢に向かって奮闘する日々の物語──なのですが、“まほろ”は女装をしている“オトコノコ”だったのです!

『神のみぞ知るセカイ』で知られる若木民喜先生の「男の娘アイドル漫画」

「男の娘+アイドル」漫画というと、『AKB49~恋愛禁止条例~』も同じジャンルの漫画だが、熱い描写が多いAKBとは違い、こちらはコメディ色も強いように思えました。

男の主人公が、「男子禁制のアイドル養成学校に入学」し、そこでの「ルームメイトが女の子」だったり、「身体測定」があったりと、読んでいて思わずニヤニヤしてしまう描写が多いです。

それと、この著者が描く女の子はとても可愛く、絵柄がとても魅力的です。

ちなみに僕はどちらかと言うと、企画モノとは思えないぐらい出来が良かった漫画『AKB49』の方が好みでした。

9.創世のタイガ

彼女にフラれ生きている実感の乏しい青年タイガ。大学の文化人類学のゼミ仲間とオーストラリアへ卒業旅行に出かけた彼は偶然入った洞窟で観光ガイドにも載っていない古代の壁画を発見する。直後に起こった崩落からからくも逃れた彼らは入り口とは別の穴から外に出るがそこはマンモスや古代の巨大哺乳類が跋扈する世界だった。

『ホーリーランド』『自殺島』の森恒二の最新作。

主人公たちが洞窟の崩落により「数万年前にタイムスリップ」してしまい、そこでサバイバル生活をすることになる。

平凡な主人公がそこで生きがいを感じて活躍するところや、

ちょっとした雑学が多いところも含めて、いつもの森先生の漫画になっています。

良い意味で「自殺島」なんだけど、こっちの方が絶望的なので僕は好きです。

10.あつまれ!ふしぎ研究部

普通の高校生・大祐が入部したのは、女子3人が「ふしぎ」を研究する部活…!? 催眠術で裸を見たり、マジック用のハトを捕まえたり、呪いのお面を被らされたり、ちょっとうらやましい苦難が続く…。ドタバタほのぼの、ときどきエッチな“ふしぎ”コメディ!

『イカ娘』の安部真弘の最新作はちょっとゆるい「お色気+部活もの」

改めて思ったのだが、この著者は絵柄が魅力的で、カラーイラストのアニメ塗りもクオリティが高いです。

今作ではエロいオチが多いのですが、この絵柄からかあまりエロさを感じません(褒めてる)。

設定はベタですが、ギャグセンスが高く、キャラクターも可愛いためオススメできます。

11.ていぼう日誌

海野高校1年生の鶴木陽渚は生き物が苦手なインドア派。堤防を散歩中、先輩の黒岩と出会ったのをきっかけに謎の「ていぼう部」に入部させられ釣りをはじめることに! 個性的な部員たちに囲まれて、陽渚の高校生活どうなるの!?

魚も触れない女子高生が、ひょんなことから「ていぼう部」に入り、釣りをすることになる漫画。

主人公が全くのド素人なので、釣り経験者だけでなく、釣りをやったことがない人でも楽しめる漫画になっています。

「エサの付け方」や「キャスティングの仕方」から丁寧に書かれていますが、そういう漫画にありがちな「説明クドさ」がないところに好感が持てます。

また、部員4人のキャラだったり、漫画の画力が高いところも評価できます。

主人公と一緒に釣りを学んでいく楽しさがあるため、読後には無性に釣りをしたくなります!

12.ぼくたちは勉強ができない

大学推薦を狙う、高校3年生の唯我成幸(ゆいがなりゆき)はなぜか天才美少女の文乃(ふみの)と理珠(りず)の教育係を任される。完全無欠に見えた二人だが実は意外な悩みを抱えていて……!?

ニセコイからバトンタッチを受けた今の週刊少年ジャンプの「恋愛漫画枠」

主人公が「難癖ある2人の天才に勉強を教える」というありそうでなかった設定。

ベテラン漫画家だけあって、「コマ割り、テンポ、画力」のクオリティが安定して高い。そしてなにより女性キャラクターがとても可愛いのが魅力です。

ちなみに僕は筒井大志先生を処女作からずっと応援しているのですが、今作が1番面白いと思いました。(1番好きなのはやっぱりエスプリトです)

13.五等分の花嫁

貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところが教え子はなんと同級生!! しかも五つ子だった!! 全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児! 最初の課題は姉妹からの信頼を勝ち取ること…!? 毎日がお祭り騒ぎ! 中野家の五つ子が贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!

主人公が貧乏で、それが原因で美少女に勉強を教えることになるという流れは「ぼくたちは勉強ができない」に似ています。

ただ決定的に違うのは、こちらは5つ子の家庭教師をやるというところです。しかも5人とも性格がバラバラで、それぞれ違った可愛さがあります。

まず話はかなりベタ(良く言えば王道)だし、ヒロインが5人いるラブコメ漫画は数多く存在します。だけれどこの漫画だけの魅力はなんと言っても「ヒロインが五つ子」というところ。そういう意味で新しい漫画です。

絵も線が細くて、とても綺麗な絵柄です。1巻は続きが気になる終わり方で、今後に期待して良いでしょう。

14.なんでここに先生が!?

おっぱいの柔らかさの限界に挑んだ衝撃作! 「鬼の児嶋」と恐れられるナイスバディな国語教師・児嶋加奈と普通の高校生・佐藤一郎の間で巻き起こるエッチなハプニング! ヤングマガジン掲載作品に加えて、ヤンマガにすら載せられない、限界に挑んだ描き下ろしが丸ごと1話分収録!!

普段はものすごく怖いけれど、たまに主人公にデレる先生のギャップに萌える漫画。

1話完結で大まかな流れは毎回同じだが、「手品先輩」などの漫画と違い、

先生との距離がどんどん進展していくため、マンネリ化せずに飽きずに読むことができます。

なにより最終話で先生と本番をやるところに好感が持てました。年上好きなら買い。

2巻から先生と主人公が変わるため、1巻完結漫画と思っていただくのが良いかと思います。

15.魔王遭難中!!! ~愉快な仲間達を添えて~

長きにわたる天使との戦いで魔力を失った魔王は、人間の魂を吸収し、その力を回復せんと画策する! 信頼する四天王とともに人間界へと旅立つ魔王だったが、辿り着いた先は、絶海の孤島だった…! 魔法が使えないその島で、魔界の支配者と部下たちの悲しすぎて逆に笑えるサバイバルが始まる!!

人間の魂を吸収するために人間界へ来た魔王たちは、人間が1人もいない孤島に転移してしまう。

さらに人間界には魔素がないため魔法が使えず、人間界の知識が一切ない無力の魔王たちが送るサバイバルギャグ漫画。

この設定から既に面白いですが、かなりギャグセンスが高いです。

とにかく魔王とその配下(四天王)のキャラクターが濃く、展開も続きが気になる漫画で、設定だけの1発マンガでないように感じました。

絵は発展途上ですが、今後に期待できます。

16.恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせがくる頃に

自分を封印の壺から解放した小日向アスナロのために、悪魔ゼパフルはアスナロの通う学園から【恋愛対象者】を選び、アスナロの理想の恋愛ゲームを現実のものにする魔法を発動する。しかし、それは恋愛ゲームから脱落したヒロインを否応なく地獄に引きずり落とす悪魔の遊戯でもあった。竜騎士07が仕掛ける学園恋愛デスゲーム、開幕!!

今までの「なく頃に」シリーズとはガラっと変わった作品に仕上がっています。

てっきり、主人公がハーレム状態でベタベタの漫画を想像していましたが、ゲームのルールが複雑だったので、女の子たちの「戦略」が中心の作品でした。そういう良い意味で期待を裏切るのはやっぱり竜騎士07です。

今までのありがちな設定に一味加えているため、良い意味で先が読めない漫画になっています。

17.ランウェイで笑って

身長は、158cmから伸びなかった・・・。藤戸千雪の夢は「パリ・コレ」モデル。モデルとして致命的な低身長ゆえに、周囲は「諦めろ」と言うが、千雪は折れない。そんなとき、千雪はクラスの貧乏男子・都村育人の諦めきれない夢「ファッションデザイナー」を「無理でしょ」と切ってしまい・・・!?「叶わない」宣告をされても、それでも一途に夢を追って走る2人の物語。

少年マンガで「ファッション」というとても珍しいジャンルを扱った漫画。

パリコレモデルを目指す158cmのヒロインと、家庭の事情でファッションデザイナーを目指せない主人公がお互いに成長していく話。(ダブル主人公に近い印象)

題材こそ良い意味で少年漫画らしくないが、熱いベタなところはちゃんと少年漫画しています。

とても新人とは思えないほどの画力で、ベテラン漫画家が描いたかと思うほどクオリティが高かったです。

女の子の私服にこだわっているところにも好感が持てます。

18.阿波連さんははかれない

「小さくて」、「物静か」な阿波連れいなさん。隣の席に座るライドウくんは、そんな阿波連さんに距離を感じていた。ある日、阿波連さんが落とした消しゴムをライドウくんが拾ったことで、今度は予想外の急接近!? 「遠すぎたり」「近すぎたり」予測不能な阿波連さん。色んな意味で、『はかれない』青春コメディ第1巻!!

他人との接し方(距離)がはかれない「阿波連さん」の可愛さを堪能する漫画。

毎回まったく予想できない阿波連さんの行動がとにかくカワイイです。

水あさとは、ベテラン作家だけあり絵がお上手で、漫画もとても読みやすいです。

1話1話が短いため、ショートラブコメのようなゆる~い感覚で読めます。

ちなみにこの漫画は「少年ジャンプ+」というサイトで、数話は無料で読むことができます。

19.まどからマドカちゃん

あんな格好やこんな格好で窓から姿を現す不思議な女の娘(こ)マドカちゃんと、彼女に翻弄されるサラリーマン・小田君の、ニヤニヤ必至窓際コミュニケーション!

サラリーマンの小田君を、窓からマドカちゃんが毎回違う職業になっておもてなしをする漫画。

この毎回の流れこそワンパターンですが、マドカちゃんの部屋が「釣堀」になっていたり、「バー」「寿司屋」など、レパートリーが広くて毎回ワクワクするため、ドラえもんの道具のような感覚で見ることができます。

毎回オチのクオリティが高いところも高評価です。

1話が短いため、ショートショートのような感覚で読むことができます。

『となりの関くん』のような作品が好きな人なら間違いなくハマるでしょう。

20.サタノファニ

活発で食いしん坊な、普通の女の子だったはずの彼女は、ある事件をきっかけに「羽黒刑務所」へと導かれる。島に建てられたその刑務所には、メデューサ症候群と呼ばれる殺人少女たちだけが集められているのであった。彼女たちに宿る凶悪とは――!?

『エデンの檻』『DEATHTOPIA』の山田先生が描く「バイオレンスサスペンス漫画」。

この著者は絵が上手くて、とにかく可愛い女の子を描くのがお上手です。特に今作の主人公はとても可愛くてサービスシーンが多いためそれだけでも読む価値はありました。

展開に関しては、サスペンス要素が強いため今後どうなるのか想像が付きませんが、少なくとも続きが気になる話です。ただ、今までの著者の漫画は「投げやりEND」が多いため、完結に期待ができるかと言われると難しい。

それから『エデンの檻』のキャラクターが登場しているため、僕のように好きだった人は読んでみる価値は十二分にあるでしょう。

スポンサードリンク

終わりに

最近の漫画をたくさん読んでみて、意外と面白い漫画がたくさんありました。

紹介しきれなかった作品も多々あるため、この記事は時間があるときにちょっとずつ追加していく予定です。

2017年に1巻が発売した漫画の中でも期待しているのは、

不滅のあなたへ」「パラレルパラダイス」「大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック」の3つです。

ベテラン作家だから安心できるという理由もあるのですが、題材も漫画の上手さも考慮してこの3作品かなと思いました。(まぁどれも人を選びそうな作品ですけど)

最近の漫画も割りと面白い作品が多いので、ぜひ暇な時間に読んでも読んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク