【快眠効果あり!】メラトニンのサプリを1ヶ月使って実感したこと!

サプリ

先日 、メラトニン3mg』のサプリメントを購入しました。

少し前まで「ナイトレスト」という快眠サプリを愛用していたのですが、

「GABA500mg」のような余計な成分も入っていることが少し気になり、そこでメラトニン単体にチェンジしてみました。

この記事では、メラトニン3mgのサプリメントを1ヶ月使ってみて得られた効果や感想を書いていきます。

また最強の快眠サプリと謳われる「ナイトレスト」と比べて「結局はどちらの方が良かったのか」という僕なりの結論も書いていきます。

メラトニンは日本で「製造および販売」ができないため、アメリカのオンラインストアiHerbにて購入しました。

メラトニンの効果

まず最初に、メラトニンにはどのような効果があるのかを話していきます。

ご存知かもしれませんが、メラトニンは催眠効果があるため「眠りにつきやすくなったり、体内時計を正してくれる」というのが主な効果です。

他にも不安やイライラを改善する効果だったり、「抗酸化作用や抗ガン作用」2005年の論文がある他、肥満を抑えるホルモンが出る2013年の論文などさまざまな効果があります。

以下が今現在で確認されているメラトニンの効果になります。

  • 催眠効果(寝つきやすくなる)
  • 体内時計を正してくれる
  • 抗酸化作用
  • 抗ガン作用
  • 不安の改善
  • イライラの改善
  • 肥満を抑える効果
  • 育毛効果
  • 美肌効果

実は美肌にも育毛にも効く?睡眠以外にも使える「メラトニン」の効果6選)より一部参考

日本では手軽に入手できないのが難点ですが、効果だけでなく安全性も高い万能サプリメントの1つです。

ちなみにメラトニンは0.3mgからでも効果は十分にあります。不眠に関して全く悩んでいない人は「1mgのメラトニン」を摂るのがオススメです。

「ナイトレスト」ではなく「メラトニン単体に変更した理由」

以前に「ナイトレスト」という最強快眠サプリの記事を書きました。

ナイトレストもなかなか気に入っていたのですが、僕が「メラトニン3mg」に変更した理由は大きく分けて2つほどあります。

メラトニン単体だと安値だから

これが正直いうと1番の理由なんですが、

「ナイトレストは1700円台前後」なのに対し、

3mgのメラトニンは300円台(60個入り)とかなりの安価で購入することができます。

数百円の違いだったら良いのですが、1000円以上も差があるのはさすがに大きく感じるという理由が1つ目。

メラトニンは安全性も高いから

2つ目の理由ですが、

3mg以下のメラトニンは「2年の長期研究で副作用が確認されなかった」など、かなり安全性が高いことも分かっています。

またナイトレストに含まれるメラトニンの量は5mgと少し多かったり、「GABAやタウリンのような効果がはっきりしない不要な成分が入っている」というのもマイナスに感じたからです。

 

とまぁ、以上の理由で「ナイトレストよりもメラトニン単体の方がコスパ優れてね?」ってことで僕のスタメンサプリをメラトニンに変更することにしたのです。

【効果あった?】最強の快眠サプリ「ナイトレスト」を使ってみた感想!

2018.09.29

メラトニンを1ヶ月使ってみて思った3つのこと

①メラトニン単体でも催眠効果は十分ある!

僕はかなり寝つきが悪いため「3mgでもしっかり眠くなるだろうか」ということが1番気になっていましたが、

結果的にメラトニン3mgだけでも十分に眠気を感じることができました。

もちろんナイトレストほど眠くはならないのですが、メラトニン(3mg)もそこまで差がないぐらいにぐっすり寝つくことができています。

また、メラトニンを服用する前は「朝6時ぐらいに寝て、お昼13時に起きてくる」という昼夜逆転生活にまた逆戻りしていたのですが、

メラトニンを摂取してからは、無事に早寝早起きの生活に戻ることもできました。

シタ↓
ちなみにこの記事を書いた日は朝5時起床だったようです
ウエ↑
早死にしそう・・・・

②圧倒的飲みやすさ

それからナイトレストのような大きいサプリと違って、

メラトニン単体はサイズ的には日本の錠剤と同じぐらいなので、大変飲みやすくなっています。

また、他のサプリメントのような変な甘みや苦味がないところもポイント高いです。

サイズに関しては、上に同じナウフーズからでている「マグネシウム300mg」と比較画像を載せましたので、ぜひ参考に

③「睡眠の質も良くなる」けれど・・・

ただ睡眠の質に関しては、「ナイトレスト>メラトニン3mg」でした。まぁ微々たる差なんですけど。

というのもナイトレストは「メラトニンの量が多い」だけじゃなくて、

「睡眠の質を良くするマグネシウムや、不安を緩和するパッションフラワーなども入っている」ので当たり前っちゃ当たり前でしょう。

 

それからもう1つ面白い発見がありまして、

「ナイトレストを服用しているときは夢を鮮明に覚えていることができた」のですが、メラトニン単体(3mg)だとその効果がほとんどありませんでした。

ナイトレストに入っている8種類の成分の内どれかが「深い夢を見る原因」に影響しているのだと思いますが、ちょっとよく分かりませんね・・・

このことからも睡眠の質はナイトレスの方が優勢であることが分かります。

シタ↓
それにしても不思議な発見だ

【書評】『スタンフォード式最高の睡眠』で実践しようと思った5つのこと

2017.03.30

「メラトニン単体(3mg)」の総評!

率直にいうと「思ったよりもけっこう良かった」というのが僕の嘘偽りない感想です。

安いとは言え、海外からだと送料もかかってるので「催眠効果が弱くて全く効かなかったら最悪だな」と思っていたのですが、良い意味でその期待は裏切られました。

また、ナイトレストは飲みにくいということがネックでしたが、メラトニンはその点とても飲みやすいです。

ただ、上にも書きましたように「睡眠の質」的にはナイトレストの方が優勢かなと思います。

なんだかんだ言っても、総合的には「メラトニン3mg」は費用対効果が良いオススメのサプリメントという結論になりました!

「快眠にはどのサプリ」がオススメなのか?

「メラトニン単体」VS「ナイトレスト」

まず「メラトニン単体(3mg)」と「ナイトレスト」を飲み比べた結果をグラフにまとめました。

メラトニン単体 ナイトレスト
睡眠の質
催眠性
値段
安全性
飲みやすさ(おいしさ)

総合的に「メラトニン単体(3mg)」の方が優れているように見えがちですが、

ナイトレストの良いところは、マグネシウムやパッションフラワーのような「メラトニン単体で摂ることのできない成分が入っている」のが大きな魅力なのです。

比べておいてなんですが「比べることが自体が邪道」であるように思います。

シタ↓
1番下の「おいしさ」ってなんやねん

結論「用途によってオススメは変わる」

「メラトニンの催眠効果は非常に弱い」と発言している医師もいるそうで、僕はそこそこ効きましたが、中にはほとんど催眠効果を感じない人もいると思います。

そのため寝つきがけっこう悪い人レベルの人は「メラトニン5mg」でもいいですが、それだったら不足しがちなマグネシウム300mgなども摂れる「ナイトレスト」がオススメです。

 

それを踏まえた上での結論として、

「僕のようにマグネシウム単体で飲んでいるような人や、けっこう寝つきが悪いような人」→『ナイトレスト

「そこまで不眠で悩んでいるわけでもないけど快眠効果を得たい人」3mg以下のメラトニン(単体)

が良いのではという結論ですね。

まぁ安いので両方購入して試してみるってのも良さそう

終わりに

日本では手軽に入手できない

ただ、執拗に書きましたがメラトニンは日本では販売していません。

そのため、アメリカの大手オンラインストア「iHerb」で購入したのですが、またも年末で込み合っていたとかで届くのに11日かかりました。

時期や台風などの天候にもよりますが、到着まで時間がかかってしまうことを覚えておいてください。

ちなみに「こちらのリンク」から購入していただければ、新規でもリピーターでも「5%」割引が適用されます。

睡眠導入剤はやめましょう

不眠で悩んでいる人は多いと思いますが、間違っても日本のドラッグストアで販売しているド○エルのような睡眠導入剤を飲むのはやめましょう。

僕が「睡眠導入剤」を使ってみてあまり良くなかったというエピソードは↓の記事に書いてあります。メラトニンの方が俄然おすすめです。

【効果あった?】最強の快眠サプリ「ナイトレスト」を使ってみた感想!

2018.09.29

スポンサードリンク