はじめての購入にオススメの握力計を紹介する!【トレーニング初心者】

ライフハック

こんにちは、どうも小林です。

握力計は「安いもの」から「高いもの」、

「アナログ」と「デジタル」などたくさんあります。

今回は「はじめて購入する人にオススメの握力計」を紹介していきます。

スポンサードリンク

みんな握力計を購入するべき

まず、握力計を購入することでどんなメリットがあるのかをざっくり解説していきます。

モチベが上がる

握力計はジムにも置いてあるため、そこで測ればいいと思う人もいるかと思いますが、自宅にあれば毎日測ることができるため筋トレに取り組むモチベが全く異なってきます。

僕もいままでは、ごく稀に行くジムの握力計を使っていましたが、この握力計を購入して前よりも熱心に筋トレに取り組むようになりました。

握力を測定したあとすぐに腕立て伏せをする習慣がついていたのです。

これは自分の成長が数字でしっかり表れるため、モチベーションが上がったことが原因でしょう。

また握力は箸をつかむなど、日常生活でもよく使うものです。

家族の健康状態を知ることができたり、単純に『みんなで利用すると楽しい』という理由で、

「トレーニング初心者」だけでなく、「そのほか多くの方」にもオススメしたいものです。

オススメの握力計とは?

握力計を「値段別」に大きく分けると、主に4つに分かれます。

その4タイプの握力計を安い順から紹介していきます。

ちなみに、僕がおすすめする握力計は、2000円台から購入できる『N-FORCE』というメーカーから出ているデジタル握力計になります。

こちらの『N-FORCE』は低価格で、コスパが抜群です。

400円~1000円 「プラスチック+メタル製」

まず1000円以下で購入可能な「プラスチック、メタル製」の握力計。

こちらは130キロまで測定可能と書かれているのですが、2万円以上する握力計ですら110キロまでしか計れないため、普通に考えて正確に測定することは難しいでしょう。

また、ノーブランド品なのでメーターに傷がついていることもあり、オススメできません。

2,000円~ 『N-FORCE デジタル握力計』

こちらがオススメしたい握力計で、握力計の中では低価格な2000円から購入できます。

プラスチック製の握力計や、1000円台のデジタルの握力計と違って、ある程度「正確に測ることが可能」です。

さらにマニュアルを見なくても扱いやすかったり、「コスパ的に1番優れている」という点で、トレーニング初心者には1番オススメしたい握力計です。

10,000円前後~ 『アナログの握力計』

created by Rinker
HATAS(秦運動具工業)
¥8,182 (2019/03/24 07:08:34時点 Amazon調べ-詳細)

 

握力計には「デジタル」と「アナログ」がありますが、こちらはアナログの握力計です。

おそらく、学校の体力テストでこっちを使った!という方も多くいる思いますが、

デジタルとの違いは「より正確に測れる」ところです。だから「体力テストや、病院の健康診断などで使われることが多い」です。

また電池を必要としないため、地球にもやさしいです。アナログの握力計はだいたい1万円ほどします。

2万円~ 『トーエイライトのデジタル握力計』

アナログの握力計が90キロまでしか測れないことが多いのですが、この値段になってくると「100キロ~110キロ」まで正確に測れるものが多いです。

完全にトレーニング上級者向けの握力計と言えるでしょう。

良品質なのは間違いないですが、コスパ的に優れているか?と言われると胸を張って「そうだ」と言えません。

ちなみに僕の通っていた学校の身体測定ではこちらのを使っていました。(高価だからか学校に2台しかなかったですw)

『N-FORCE』デジタル握力計がオススメです

オススメする理由は5つほどあります。

・単純に安価

・値段の割りにしっかり計れる

・どの価格帯の握力計よりもコスパが優れている

・プラスチック製や1000円台と違って安すぎないため安心

・1番売れている人気商品(購入する人が多い)

以上の理由で

トレーニング初心者にも、その他多くの人にも、N-FORCE デジタル握力計を1番オススメします。

ただ、それでもどうしても正確に測定したい!という方はアナログの握力計が良いかと思います。

おまけ

実際に測定してみた

実際にこちらのN-FORCE デジタル握力計で測定してみることにします。

測定するのは3年ぶりです。

まずは右手

47キロでした(全然高くはないのですが、これでも予想より良かったです)

この30分後に測ったら49キロだったので、そのときのコンディションや、握り方によって多少は変化するかと思います。

次は左手

46キロでした(こっちも予想よりかは良かったです)

ただ成人男性の平均が47キロと言われているので、残念ながら平均すら超えられなかったですw

グーパー法を一週間試してみます

握力の強化トレーニング方法に『グーパー法』というものがあります。

両手を前に伸ばし、閉じて広げるをくり返すものです。普段使わない筋肉を使うということで人気の高いものですが、それをやっても意味がないという人も多くいます。

そこで、握力計も購入したことですし「グーパー法は本当に効果があるのか!?」というものを検証していきたいと思います。

「グーパー法 1日500回」を1週間、毎日おこなうことにします。

さて、握力に変化はあるのでしょうか!?結果は1週間後このブログで発表するので、ぜひ読みにきてください!

追記:上の検証を行いましたが、握力に変化はありませんでした。やはり握力は短期間で成果がでるものではないということが分かりました。だいたいどんなことでもそうですよねw

 

スポンサードリンク