【寝ヨガ】寝たままできるヨガ5選!ダイエット効果あり!

ストレス解消

怠惰なみなさま、こんにちは!

寝ながらできる「寝ヨガ」というものをご存知でしょうか?この寝ヨガは誰でも取り組みやすく、簡単にできるという理由でオススメのヨガです。

それから私が寝たままヨガをオススメするもう1つの理由は「習慣化しやすい」という点です。

習慣化するには毎日同じ時間に行うことが良いとされているため、寝たままできるヨガは普通のヨガと違って習慣になりやすいです。(就寝前、起床後にできるため)

今回は「目の疲れ解消や、頭痛の軽減、ダイエット効果など期待できる」寝たままできる5つのヨガを紹介していきます。

寝たままでもできるヨガポーズ5選!

①「背伸びするだけ」のヨガポーズ

朝に背伸びをする人は多いかと思いますが、これも少し意識するだけで立派なヨガになります。

まず息を吸いながら軽く手を上げて、足の甲を伸ばします。次に息を吐きながら手の指先をしっかり伸ばし足首を立てて、かかとを上につき出します。

このヨガでは睡眠時にこわばった筋肉をほぐす効果があるため、朝に行うのがオススメです。

その後、腰をちょっと左右に振れば腰痛緩和の効果もあります。

得られる効果
  • 身体のバランスを整える
  • 腰痛の緩和

②「ワニ変型」のヨガポーズ

余裕があれば、上と一緒にやって欲しいヨガがこちらのヨガです。

「脚を身体の反対側へ振り、振った脚と反対向きに顔を向けます。終わったら反対側も同じようにやります。」

これにより腰と背中、肩、首などの筋肉をムダなくストレッチできます。

太ももの内転筋など脚の筋肉が刺激され、血行がよくなり骨盤によい影響があります。

得られる効果
  • 肩こりを緩和
  • 腰痛を改善
  • 骨盤の修正

③「8の字に回すだけ」目ヨガ

現代人は目に負担をかける生活を送っているため、目の負担を訴える人が増えています。サラリーマンの90%以上が仕事でパソコンを使っているというデータまであるのです。

そんな方々にオススメのヨガがこちらの『目ヨガ』になります。

やり方は「息を吸いながらまぶたを強く閉じ、次に息を吐きながら大きく開けます。そして目を上下左右、右回し左回し、横8の字」に動かします。

これによって疲れた目の神経や周りの筋肉がリラックスできます。また、目の疲れは肩こりにも直結しているため、肩こりの酷い方にもオススメのヨガです。

得られる効果
  • 目の疲れの解消
  • 肩こりの緩和

④「耳のツボを刺激する」耳ヨガ

このヨガは「耳をひっぱったり、上下左右に動かしたり、回したりする」という簡単なもので、これだけでリフレッシュ効果が期待できます。

ツボの多い『耳』を刺激できるため、頭痛だったり頭重などを軽減し、集中力を高める効果があります。

またこのヨガは、「椅子に座っているときや、テレビを見ているときなど」いつでもできるところが魅力でもあります。

得られる効果
  • 頭痛・頭重の軽減
  • 集中力を高める
  • リフレッシュ効果

⑤「ゴキブリ」のヨガポーズ

まず仰向けになって両手両足を上にあげ、その両手両足をブラブラ振るというヨガです。

このヨガは手足を振ることにより、全身への血流が良好になり、身体の冷えも改善するためぐっすりと眠ることができます。

それから血流がよくなったことで身体の新陳代謝が高くなるため、ダイエット効果もあります。

また、このヨガには1日の生活で使った全身の筋肉をクールダウンする効果があるため、1日の締めくくりに行うことをオススメします。

得られる効果
  • ダイエット
  • 冷え性の解消
  • 身体バランスの調整
  • 筋肉のクールダウン

1つでもいいので、無理なくヨガをやろう

習慣化させるには「小さな」ことから始めるのが良いとされています。

ですので「寝ながらできるヨガ」は、いずれ本格的なヨガを習慣化させたい人には打ってつけのヨガです。

今回紹介したヨガを全部試そう!と思わなくても結構ですので、ぜひお時間があるときにこの中のどれか1つでも試していただければと思います。

自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ

今回の記事で紹介したヨガが少しでも自分に合っていそうだと感じた方には、『 ずぼらヨガ』という本を読んでいただきたいです。

イラストがありとても読みやすいヨガの本で、買ってきた本が埃をかぶっているという方でも楽しく読めます。

タイトルにあるように「ズボラな人だったり、すぐに飽きやすい人、ヨガを習慣化できない」という人にオススメの本です。

アロマディフューザーを1ヶ月使ってみた効果と感想!【無印良品】

2019.01.16

スポンサードリンク