「イラストレーターやマンガ家」を目指すなら「教室」に通うのがオススメ!

PR記事

どうもこんにちは、美大生の「シタ↓」です。

この記事にアクセスしてくださった方は、「絵を上達させたい!」「イラストレーターやマンガ家を目指している」という人が多いかと思います。

絵が上達したいから、美術系の大学や専門学校に入るという選択はよく分かります。

ただ、ぼく自身がいままで「美術大学、マンガ教室、絵画教室」などに通ってみた経験から、

イラストやマンガを書くならば「教室に通う」という手段もかなりアリだと思っているのです。

今回の記事では、学校より「もっと気軽に通うことができる習い事として始める」ことをオススメする理由について書いていきます。

「教室」に通う手段がアリだと思う2つの理由

美術系の学校はあまりオススメできませんが、

「教室に通うという手段がアリ」だと思う2つの理由について、僕の実体験にも触れつつお話していきます。

①「美大や専門学校」は学費が高いから

美術大学や専門学校の学費はものすごく高いです。

具体的に僕の通っている美大は1年間の学費は「160万」を軽く超えています。(それに授業ごとの画材が+αです)

イラストの専門学校に通っている高校時代の友人もいますが、年に130万以上と言っていました。

もちろん絵の習い事もそこそこの値段はしますが、学校に通うのとは比じゃないぐらい安いわけです。

②美大では不要なカリキュラムが多い

また、僕が美大に通って思ったことは「カリキュラムに不要なものが多い」ように感じました。

専門学校だとまた話が異なってくるかと思いますが、美術大学では「外国語や歴史」などの基礎教育が多いです。

もちろんそれが自分の制作に活かせる可能性はあるのですが、それだけを学ぼうとするのには圧倒的に効率の悪い学び方であるように思います。

少なくとも僕は美大に通ってみて、かなりコストパフォーマンスが悪いように感じました。

以上の2点で、「学校ではなく、もっと気軽に通うことができるイラストやマンガ教室に通うという手段もありではないか」と思います。

ぼく自身「マンガ教室」に通って、描くようになった!

次に、僕が実際に「マンガ教室」に通ったときの経験についてお話していきます。

ぼく自身が絵を描き始めたそもそもの理由は、1番最初に「マンガを描きたい!」と思ったからです。

ただこれは多くの人がやってしまう過ちだと思うのですが、なかなかマンガを書き出せないんですよね。(これは画力がない、内容が思いつかない、飽きたから、など理由は人それぞれですが、とにかく完成しないんですよ)

そして、そのままマンガ描かずに気がつけば3年も経過していました。

そこでこれはまずいと思った僕は、マンガ教室に通うようにしてやっとマンガを描くようになったのです。

(実際にマンガ教室に通ってみての感想はこちらの記事にまとめてあります)この記事の中盤でも発言しているのですが、

僕のようになかなか始められない人は、「思い切って描かなければいけない環境に自分を追い込む(マンガ教室に入る)」ということもときには大切だと思っています。

多くの「始めることができない」人にもオススメ

僕が3年もマンガ描かなかったと言って、「それはおかしいだろ」と思った人もいるかと思います。

しかし、これはあるプロの漫画家も発言していたことですが、「マンガ家志望の大半は一生何も描かずに終わる」と言われています。

だから僕だけの悩みじゃなくて、マンガ描きたい!と思う多くの人が、「一生描かないor描いても完成しないで途中でやめてしまう」ということに悩まされているでしょう。

ただ、マンガ教室に通えば当然ながら「課題」があるため、例えクオリティが低かったとしても完成することができます(というか強引にでも完成させなければいけなくなるのです)

少なくとも僕は1作品だけですが、完成させることができたので、それだけでもマンガ教室に通って良かったと満足はしています。

このような理由で、「マンガやイラストをなかなか描くことができないという人」にも、専門学校や大学ほどお金もかからない「教室に通う」という手段は大いにアリですし、オススメできます。

「イラスト・マンガ教室」に興味の出た人へ

「イラストレーターやマンガ家になりたい!」、「とにかく絵が上手くなりたい」と言う人で、

少しでも「イラスト・マンガ教室」に興味の出た人は、1度、足を運んでみることをオススメします(イラスト教室公式HP

こちらの『SMILES』というイラスト・マンガ教室では、「無料体験授業」も行っているので、

とりあえずどんなものか経験してみるというのも良いかと思います。

『SMILES』のオススメできる3つのポイント

現役美大生であり、絵画教室にも通っている僕が、イラスト・マンガ教室『SMILES』の良いと思う3つのポイントについて書いていきます。

①個別指導

まず『SMILES』では、「個別指導」というのが特徴です。

ぼく自身、いままで美大や絵画教室などで絵を指導された経験は多くあります。

しかし指導者が大勢を指導しているため、どうも1人1人の指導はおろそかになりがちで、野外でデッサンを行う授業に関してはほとんど個人制作のようになっています。

このように絵の指導では放任主義的な部分が強いので、

プロのイラストレーターに個別に指導していただけるというのはかなり貴重な指導法なのです。

②一人ひとりの目的に合わせた指導

もちろん「絵」というのは描く人によって目的が異なるわけです。

『SMILES』では、受講する方の目的に合った指導をしてくれるというのが2つ目のポイントです。

上の画像にも書かれているのですが

  • 萌え系
  • キャラ系
  • マンガ系
  • 背景系
  • リアル系

など、幅広くさまざまな絵柄(目的)の指導を行っています。

その人が進みたい方向性に合わせた指導を行うことができるわけです。

③好きな時間に受講できる

これは「社会人や、学校とアルバイトで時間が少ないという学生」にはうってつけです。

僕が通っていたマンガ教室もですが、多くの「イラストやマンガ教室」では指導する日時が決まっているところが多いわけです。

しかし『SMILES』では自分の空いている時間で通うことができます。

また「当日の時間変更が可能」だったり、「受講された授業回数のみ」のお支払いとなっています。

あまりパッとしない人が多いかもしれませんが、絵の指導ってものすごく高値なので、これはとてもありがたいですよ。

シタ↓
ちなみにワイの通っている絵画教室は休んでも2時間3000円取られます・・・

終わりに

ただし欠点は「教室の数が愛知、岐阜、福岡にしかない」という点でしょうか。

逆に言えば地方にはイラストやマンガを指導してくださる場所が少ないので、貴重とも言えますが。

少しでも「イラスト、マンガ教室」に興味を持った方は、下記のリンクから詳細をご確認ください。

イラスト教室公式HP

実際に「美術大学や専門学校」ではなく、もっと気軽に通うことができる「教室」で学ぶという選択肢もあるよ!という記事でした。

スポンサードリンク