【閲覧注意】2ちゃんねるでおすすめの『怖い話』20選!

オカルト

こんにちは、どうもヤシタです。

僕は7年ほど前、一時期オカルトにドハマりし、毎日のようにオカ板に書き込んでいた時期がありました。

そんな元オカルト好きが、厳選してオススメする「2ちゃんねるの怖いスレッド」を、『あらすじ&コメント付き』で紹介していきます。

最後に、僕個人として特にオススメする3つも書いていきます。

スポンサードリンク

2ちゃんねるでおすすめの『怖い話』10選!

1.ヒッチハイク

https://irasutoyan.com/2017/10/30/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AF-3/

大学生2人がヒッチハイクで日本横断しようと試みる。

そこで乗せてくれることになったキャンピングカーだが、入った瞬間『何か』が『おかしい』ことに気がつく。

長すぎず、短すぎず、かなり良くできた怖い話。

最後の最後まで気になる展開で、怖い話にしては謎もほとんど残らないので読後感も良い。

文章力が高く、そのうえ話の構成にも無駄もなく、センスを感じます。

おすすめです!

2.昔田舎であった怖い話

http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/2538805.html

スレ主の小学生時代の話。東京に住んでいるスレ主が、夏休みに母方の実家(田舎)に行く。そこで、仲の良い小学生たち4人で、『行ってはいけない』と言われている場所に行って大変なことになってしまう・・・

初見で読んだときは、とにかく怖かった記憶があります。

小学生が行ってはいけないと言われている場所に行ってしまうのですが、これからどうなるのか、すごく先が気になる話です。

ただ、後半が作り話っぽい(展開が強引)なのが少し残念。毎年、夏になると思い出してしまいます。

3.危険な好奇心

http://syarecowa.moo.jp/126/52.html

小学生たちだけで、秘密基地に泊まるところから始まる。夜になり、釘を打っている女を目撃する。

これだけで終わればいいが、長期間に渡ってこの女につきまとわれてしまう話

とても長い話だが、怖い話として良くできた傑作。

本当に怖いのは幽霊とかではなく、『人間』だと感じる。

最後の最後まで怖いオチなのと、現実味があるところが高ポイントです。

4.八尺様

引用:http://xn--japan-9t2hu30gsg3fz4l.com/archives/1041

https://the-mystery.org/scary_story/hasyaku_sama_01/

投稿者は父親の実家に、祖父母に会いに行くところからはじまる。そこでのんびりしていた投稿者に、突如「ぽぽ、ぽっ、ぽぽっぽっ……」という声が聞こえてくる。

なにかと思い見てみると、2メートル以上はある生垣の向こう側に、巨大な女がいた――

はい、お待ちかね、みんな大好き八尺様!

2ちゃんねるの怖い話で一番知名度が高い話と言っても過言ではないでしょう。

大人気なので、恐らくほとんどの人は見ていると思いますが、見ていない人は見ることをオススメします。

読み聞かせとかもたくさんでているので、読むのが面倒な人はそちらを視聴することをオススメします。

5.『謎のケン君と二階の秘密』俺が家庭教師で行ったヤバイ家の話

http://world-fusigi.net/archives/8647333.html

家庭教師のアルバイトをすることにした投稿者。

しかし、向かった先で子供に教えるのではなく、ヘイホーに似た『人形』に教えることになる。

この話の怖いところは、他の話と違って現実味があるところ。

『ケン君が障害者だったので、親が人形で現実逃避していた』ということであれば、なんらありえない話でもない。

短くて面白いのでぜひ読んでいただきたいです。

6.リゾートバイト

http://kowaihanashilabo.com/archives/70084223.html

大学3年生の3人は、夏にリゾートバイトをはじめ、海のあるリゾート地の旅館に住むことになる。

その彼らの泊まる旅館の2階は封鎖されていたが、なぜか女将さんが料理を運ぶ姿を目撃してしまう。

3人は好奇心からその部屋に行ってしまう―――

2ちゃんねるの怖い話の中でも、トップクラスに人気が高く、とても長い話。

リゾートバイトは僕が知る限り「最強の怖い話」だと思っていて、

まず、物語作りが非常に上手く、起承転結がしっかりしているだけでなく、完結の仕方も良いので後味がいいです。

また「怖い話」の中でも群を抜いて怖いと評価されているだけでなく、文章力も抜群に高いです。

7.きさらぎ駅

http://world-fusigi.net/archives/8686130.html

2004年 「はすみ」と名乗る女性が普段通り電車で帰宅していたところ、存在しないはずの「きさらぎ駅」という場所に降り立ってしまった。

その後、スレッド上で、約4時間に渡り彼女の周囲の実況が行われる―――

全く怖い話に興味のない一般人でも、「きさらぎ駅」というワードだけは聞いたことがある人もたくさんいるかと思います。

実際に管理人の大学でも「妖怪や言い伝え」などを取り扱う授業で紹介されたほど有名な話です。

大人気な怖い話なので読み聞かせも出ています。(↓読むのが面倒な人は動画がオススメです)

8.幼少から続いてる恐ろしい体験を話す

http://world-fusigi.net/archives/6486427.html

投稿者は小学生のころ、仲の良い「男の子」と「女の子」がいて、常に3人で行動をしていた。

しかし、ある日「女の子」が入院してしまう。

なかなか治らない女の子から病室で「ずっと一緒にいてくれるよね?」と問われる。

それに対し投稿者は「勿論だろ、俺らは友達だぜ」と言ってしまう・・・・

長いですがなかなか読み応えのある話で、

僕は当時リアルタイムでこの板を読んでいたのですが、特に中盤の窓に張り付く幽霊のところが特に怖かった印象があります。

結局、解決していない終わり方なので、すごく読後感が悪く、そこがさらにゾッとさせます。

こういう夢の中で起こる恐ろしい話もなかなか怖いですよね。

「夢日記」を3ヶ月つけた結果!明晰夢は見られるようになったのか?

2018.03.12

9.赤い靴

sharekowa.biz/archives/【洒落怖】赤い靴.html

投稿者が小学生のころ、仲の良かった4人グループで放課後によく遊んでいた。

ある日行ったことのない『高いアパート』に行くことを提案するが、女の子の1人が『あそこはダメだよ…』と言い、女2人は先に帰ってしまう。

残された男2人で行くことにするが・・・

知名度はあまり高くありませんが、「靴」という題材が面白かったので僕の中で強く印象に残っている話です。

靴が置かれているだけなのに怖いところがこの話の魅力。

後味が悪いのと、謎が残る終わり方がさらに怖さを引き立てています。

10.コトリバコ

画像引用元:http://occult.xxxblog.jp/archives/5071093.html

http://blog.livedoor.jp/yuitannel/archives/1022431241.html

投稿者と友人たちで集まることになり、その中の1人(女の子)が、箱根細工のようなパズルを持ってきた。

それで遊ぼうとしたとき、霊感が強い友人が何かを感じ取った―――

上にあげた『リゾートバイト』や『八尺様』と並ぶほど人気の高い怖い話。

人気が高いだけあって、怖くてよく作りこまれているストーリーです。

投稿された当時の2ちゃんねるでは軽いお祭り騒ぎになり、コトリバコのまとめサイトまで作られました。

さらに「読めばお腹が痛くなる」という噂までありましたが、創作なので恐らく健康を害することはありません。

カタカナなので勘違いする人が多いのですが、小鳥ではなく「子取り箱」です。

11.猛スピード

https://xn--u9jv84l7ea468b.com/kaidan/20wa.html

スレ主には「夜中に屋上に出て静まりかえった街を双眼鏡で観察する」という変な趣味があった

いつも通り双眼鏡を除いて観察していると、ナニかが迫ってくることに気がついた――――

かなりシンプルで読みやすいショートストーリーになっていますが、

その割りに知名度が高く、人気も高い洒落にならないほど怖い話。

テンポの良さや読みやすい文章にも定評があり、2004年のスレットですが未だによくあがるほど支持されています。

「そもそもスレ主はなぜそんな変な趣味があるのか?」や「アイツは何者なのか?」など謎が多く残るのもより怖さを引き立たせています。

12.ホワイトハウス

https://matome.naver.jp/odai/2146918922759720501

自称霊能力者のおじいさんがいるスレ主の高校2年生の頃の話。

地元のオカルト好きならば誰でも知っている「ホワイトハウス」という心霊スポットに友人2人と行くことにするが、

恐ろしいことになる――――

知名度は低いですが、個人的に初見で読んだときにはけっこう怖かったと今でも印象に残っている話。

上にあげた『危険な好奇心』といい、子供たちが怖い目に遭う話は読み手にまで臨場感が伝わってきてゾクゾクします。

シタ↓
こういう怖い話に登場する『日本人形』の怖さは異常。やめてほしい

13.非常階段

http://skowas.blog.fc2.com/blog-entry-897.html

スレ主が働いていた会社は、職場はトラブル続きにより、かなり荒れていた。

主も含めて職場の誰もがストレス過多で、その日も退社するときには午前3時を回ってたが、なぜかエレベーターが上がってこなかった。

仕方がなく防災目的で作られた「非常階段」で帰ることになるが――――

怖い話はオチがないから怖かったりするのですが、

中でもこの話はものすごく中途半端なところで終わっているのが怖いところ。

しかも複数個のオチが考えられるため、そういった考察できる話の作りになっているところが人気の1つでしょう。

ちなみに僕は「職場の人たちの気が狂ってしまった」という解釈をしています。

14.本当に危ないところを見つけてしまった

http://llike.net/2ch/fear/dangerous.htm

話の大まかな流れとしては、「肝試し中に行方不明になった友人を探してほしい」という書き込みがきっかけで、大勢の人たちが実際に探索を始めるというスレッド。

しかし、「実際に行ったわけではない人、違う写真をアップロードする人」などがいて疑心暗鬼や混乱を招いたりで、推理や心理戦が見所のスレッド。

2004年~2007年の「2年5ヶ月」にわたって完結した「恐らく1番長いと思われる2ちゃんねるの怖い話」

正直いうと「怖い話」と呼べるかは微妙なところではありますが、「推理、心理戦、疑心暗鬼になるスレ民たち」が面白いのと、圧倒的な知名度があるため選出しました。

兎にも角にもめちゃくちゃ長い話なので、読むのが面倒な人や忙しい人は「要約してくれている記事」もあるのでそちらを読みましょう。

シタ↓
そもそも忙しい人は怖い話なんて読まないと思うのですがそれは・・・

15.ある時から黒いのが自分の近くにいる

http://world-fusigi.net/archives/7023301.html

スレ主が幼い頃、お爺ちゃんの兄貴の家を探索していた。

そこで倉庫を発見したので入ってみると、机上に「小さくて丸いモノ」があり、何かを感じ取ったスレ主は「その丸いモノ」を地面に叩きつけてしまった。

それからというもの不可解なことが起こるように――――

オカルト板では前から「黒い人間の招待とは?死ぬ前には黒い影を見る」などとずっと言われておりまして、

そんなオカルト好きなら興味を引き付けられそうな題材の話になっています。

漫画の『亜人』かな?

などと揶揄されてはいるものの、個人的にはスレ主の返信が創作と思えないぐらいに具体的なところがポイント高いです。

けっこう人気な話で朗読版も出ているため、読むのが面倒な人はこちら↓を視聴してみてはいかがでしょうか?

ちなみにこの話には続編があって「こちら」が続編のスレッドになります。

16.旅館の求人

https://xn--u9jv84l7ea468b.com/kaidan/26wa.html

アルバイトを探しているスレ主が、求人雑誌のあるページが偶然開かれた。

それは旅館の求人で、ちょうど旅館に行ってみたいと思っていたスレ主は応募することになるが

これも人気が高いリゾートバイト系の怖い話。

「なぜこのようなことが起こったのか?」という疑問がしっかり明らかになっているところがポイント高いです。

物語も短いながらも、最後にはゾッとする衝撃のオチが含まれていたりで、王道ながらよく出来たお話だと思っています。

17.リアル

https://xn--u9jv84l7ea468b.com/kaidan/7wa.html

オカルトが好きで心霊スポットなどにもよく行くというスレ主。

そんなスレ主にはオカルト仲間の同僚がいて、その同僚から「ぜったいにやってはいけない儀式」について話を聞くことになる。

なにを思ったのか、それを実行してしまうのであった―――

洒落怖の殿堂入り作品の1つ。

ネット界隈での「絶対にやってはいけないことの1つ」としても、この「リアル」での儀式があげられるなど、一部でカルト的人気を誇る話でもあります。

「ゼッタイにやってはいけないことを行ってしまい大変なことになる」といったありそうな流れではありますが、

真に恐ろしいのは最後の大どんでん返しでして、とにかくこの予想できないオチには文字通りリアルにトリハダが立ちます。

18.ヤマノケ

https://xn--u9jv84l7ea468b.com/kaidan/111wa.html

父親と娘でドライブに行ったが、山奥でエンジンが止まってしまい、その日は車中泊することに。

そんなときに「テン・・・ソウ・・・メツ・・・」という謎の声がどこからか聞こえて・・・

八尺様と並ぶネットで有名な都市伝説の1つ。

「ひと気のない山奥で車中泊」といういかにもナニカおこりそうな状況なので、読み手にまで緊張感が伝わってきます。

これを読んだら車中泊と山道が怖くなることは間違いないでしょう。

シタ↓
二次創作もあったりで割りと人気が高いよ。私的には八尺様より好みかもしれぬ

19.巨頭オ

https://xn--u9jv84l7ea468b.com/kaidan/204wa.html

連休中にとある村に行こうと思ったスレ主は、1人で車を走らせた。

そんなときに「巨頭オ」という謎の看板を発見し、

「変な予感」と「行ってみたい」という気持ちが交錯した結果、足を踏み入れることにしたのだが

タイトルから「謎と不気味さ」が漂ってくる怖い話。

とても短いながら「想像するとゾッとする」ということで根強い人気がある話です。

笑ってしまう人もいそうですが、近頃(2018年)に「巨頭オ」という看板が発見されたと一部で話題になり、最注目されています。

これにより「実話なのか?」という議論があったりで、こういう考察できる話はオカルトらしさがあるということで組み込みました。

20.裏S区

https://xn--u9jv84l7ea468b.com/kaidan/65wa.html

日本のとある地方に「裏S区」と呼ばれる地域があった。

この住民は外部と変わった風習を持っていて、その区域にすむ少年と関わりを持つようになったスレ主が奇妙で奇怪な出来事を体験することに

スレ主の体験談風の怖い話で、今では「行ってはいけない場所」として広く知られる都市伝説になった裏S区。

文章力に関しては酷評されていて、かなり読みにくいという意見は大きいですが、僕はそこがかえって不気味さが際立っているように思えて好きだったりします。

「裏S区は北九州の新門司区ではないのか?」などの真剣な考察が行われたり、特定するための専門の掲示板が立ったりと、きさらぎ駅に近しいカルト的な人気があります。

終わりに

この中で特にオススメする怖い話

当初はオススメの怖い話は7選だったのですが、

この記事は多くの人に閲覧していただいたことにより、いくつか追加して「オススメの怖い話20選」という記事になりました。

怖いものみたさっていうんでしょうか、多くの人に閲覧していただき大変ありがたく思います。

ちなみに僕がこの中でも強くオススメする怖い話は「ヒッチハイク、危険な好奇心、俺が家庭教師で行ったヤバイ家」ですね。この3つがお気に入りです。

スポンサードリンク