『スーパーマリオブラザーズ3』を15年振りにやったらノスタルジックな気持ちになりすぎて辛い

ゲーム

先日、スイッチで全国対戦するために「Nintendo Switch Online」に加入したんですが、

ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Onlineという「いくつかFCのゲームが無料でプレイできる」アプリがダウンロードできるらしいのでやってみました。

そのラインナップを見ているとどれも懐かしいタイトルが並んでいまして、当方は真っ先に懐かしのゲーム『グラディウス』などにかぶりつきましたが、

どのゲームも懐かしいはずなのに『ゼルダの伝説BotW』のグラフィックに慣れすぎてしまったのか、自分の趣味趣向が当時と変わってしまったのか分かりませんがイマイチどれも刺さらなかったんですよね・・・

created by Rinker
任天堂
¥5,800 (2019/08/22 00:05:57時点 Amazon調べ-詳細)

んで電源を切ろうと思ったそんなときに『スーパーマリオブラザーズ3』が当方の目に入りまして、

このゲームの発売は1988年ですが、当方は2003年のゲームボーイ(移植)版をかなりやり込んでいたので、無料だし暇だしの理由で一応起動してみることに。

16年振りにプレイしてみるとこれが眠っていた当時の記憶がたくさん蘇ってきて、あまりにもいろいろと思い出してノスタルジックな気持ちで爆発しそうになったので、

衝動的ではありますが、そのスーパーマリオブラザーズ3とともに眠っていたタイムカプセルを開封していきたいと思います(いろいろ書かせて)

スーパーマリオブラザーズ3をやって思い出したこと

「アユムくん」という友達がいた

かつて僕にもトモダチがいた輝かしい時代がありまして、

スーパーマリオブラザーズ3をやってみて、真っ先に『アユム』君という小学1年生のころに少しだけともに過ごした友人を思い出しました。

 

今から16年ぐらい前、僕が小学校に入学したてのころ、

テレ東で放送していた『ボンバーマンジェッターズ』というアニメが僕の頭の中だけで流行っていまして、母親が100円で買ってきたボンバーマンジェッターズの傘をよく持ち歩いていました。

ある雨が降った日にボンバーマンの傘をさしていると「シロボン!マイティ!」僕がさしていた傘のキャラクターを読み上げる子がいまして、これがアユム君だったわけです。

 

これにはかなり驚いた記憶があって、

だって『金色のガッシュ!!』が流行っているのだとしたら、『ロックマンエグゼ』がそこそこ流行っているになるけど、『ボンバーマンジェッターズ』なんて僕以外に誰も見ていないと思ったからです。

まぁそんなこんなで「アユムくん」という子と出会い、同じクラスで、しかも帰る方向も一緒だったので、トモダチになったわけですね。

「ち~さな~ころのち~さな~きお~く~」ってやつです

今思い返せば、アユム君は僕が小学校に入って初めて出来た友達でした。

とにかく2人はずっとゲームやってた

ボンバーマンで知り合ったのだから当然のごとく僕たちは大のゲーム好きでして、常にゲームボーイアドバンスという携帯型ゲーム機を持ち歩いてました。

僕は『ヨッシーアイランド』や『ソニックアドバンス(当時アニメも放送していた)』をよく貸していまして、

アユム君は、当時発売したばかりの『ポケットモンスタールビー&サファイア』や『金、銀版』などを僕によく貸してくれました。

タイトルにもある『スーパーマリオアドバンス4』という名で売り出されていた「スーパーマリオブラザーズ3の移植版」もアドバンスで発売されて、僕たちは2人ともすぐに購入して、一緒に情報を共有しあって進めていきましたね。

特にハマっていたゲーム

ただ、1番2人がハマっていたゲームはなにかと言えば、2002年に任天堂から発売されたみんなが大嫌いな憎きNHKのマスコットキャラクターどーもくんの不思議てれびだったような気がします。

これは僕が幼稚園の頃に購入した初めてのゲームソフトなんですけど、1つ1つのミニゲームが異様なまでに作りこんであって大好きなゲームでした。

他にも『スーパーマリオランド』、『伝説のスタフィ』、『ポケモンピンボール』、『ボンバーマンストーリー』などもやった記憶があります。

created by Rinker
任天堂
¥7,000 (2019/08/21 23:55:52時点 Amazon調べ-詳細)

突然の転校

そんなこんなで初めての夏休みに突入。

アユム君が面白かったと言ってた影響で『ポケットモンスター七夜の願い星ジラーチ』を観に行ったあたりだったと思うのですが、

そんな某日に、アユム君のお母さんから突然電話がかかってきました。

内容は「転校することになった。今まで仲良くしてくれて本当にありがとう」的なことを僕の母親と話していました。

その後すぐに菓子折りを持ってきてくれたのかはあまり覚えてないですが、

夏が去ったのとほぼ同時に、アユム君も学校から去ったのです

多分、1年3組の中でアユム君のことを今も覚えているのは僕だけでしょうねぇ。

 

アユム君は今なにやってるのかは分かりませんが、元気にしてるだろうか・・・

スイッチで「スーパーマリオブラザーズ3」をやった今のいままでアユム君の存在が頭から完全に抜けてまして、急に思い出してうわぁぁぁぁってなってこの記事を書くに至りました。

少なくともボンバーマンジェッターズのOPの歌詞にあるように、2人でゲームボーイアドバンスで遊びまくったことは「大人になっても、忘れてない」です。

スーパーマリオブラザーズ3の裏技について

ヨシオ君というゲーム好きの友人

それから僕にはヨシオ君というヨッシーが大好きな友達がいました。

ヨシオ君は家族全員がゲーム好きで、実を言うとゲームが大好きになったのも、「ボンバーマン」が好きになったのも全部このヨシオ君の影響だったりします。

当時はネット黎明期だったのでどこから入手した情報なのか分かりませんが、

そんなヨシオ君が「スーパーマリオブラザーズ3には笛という裏道がある」ことを僕に教えてくれたんですよね。

「1-3」と「1-砦」に隠されている笛で、一気に8面までワープできちゃうアレです。

久しぶりにスイッチでやってみたんですけど、笛が隠されている位置とか、なんとな~くですが覚えているもんですね。いやぁ、子供の記憶力ってすごいや。

幼馴染の存在?

んで、これも思い出したことなんですけど、

母親同士が仲良いという理由で、僕には小学生低学年まで毎週日曜日に遊んでいる同級生の女の子がいたんですよね。

その子は『スーパーマリオアドバンス4』を持って、僕の家に遊びにきたときに進めてほしいと言ってきたので

僕はめちゃくちゃドヤ顔でその裏技を使って8面まで進めてあげた記憶があります。ウハッ、超うぜぇww

その子の存在すらも今の今まで完全に頭から抜けてまして、ゲームをやったことで急に蘇ってきましたね

終わりに

「ゲーム」というコンテンツの可能性

ちょっと昔持っていたゲームをやっただけですが、こんなにもいろいろと思い出が蘇ってきたことに驚きまして、

当方は普段ほとんどゲームなんてやらない人間なのですが、ゲームというコンテンツに可能性を感じた今日この頃です。

みんな今どこでなにやってるんだろうか

当方は成人式に行ってないので、みんながどこでなにをやっているのかよく分かりませんが、とりあえず元気に暮らしていることを願う。

成人式は「行かないと後悔する?」欠席した人間が思うことを書いていく

2019.01.14

しかし、久しぶりにやりたくなったなぁ・・・、ボンバーマン

シタ↓
今やハドソンも消滅してるし。シロボンの「By Hadason!」がもう聞けないのは哀しいなぁ
ウエ↑
そもそもあれは友達と盛り上がるゲームだから無理なんじゃ

ボンバーマンジェッターズとかいう傑作アニメ

そんな思い入れが深い作品『ボンバーマンジェッターズ』はコアなアニメファンからの評価が絶大に高い作品でして、僕の大好きなアニメの1つでもあります。

4年前にも「1話~52話」まで全て見返しましたが、

とにかく伏線の貼り方と回収の仕方が見事で、笑いあり涙ありの最強のアニメだと思っています。

子供向けと思われがちですが、1話から意味深な演出したり、深いテーマだったりで大人向けな気がするんですよ。

同じゲーム原作アニメ『テイルズ オブ ジ アビス』が良作だとしたら、ボンバーマンジェッターズは間違いなく傑作です。

まぁ何を言いたいのかというと、アニメ好きな人は死ぬまでに1度見ましょう。まじでオススメしますから。

今回は突発的かつ衝動的に記事を書き起こしたため、オチがなくて申し訳ないです。

created by Rinker
ハピネット ピーエム
¥43,154 (2019/08/22 00:05:57時点 Amazon調べ-詳細)

ソシャゲをやるメリットはない!?廃人だった僕が『ソシャゲをやめた理由』

2017.10.18

スポンサードリンク