僕が『To Doリスト』を使わなくなった理由と、たった1つのコツ

お金と仕事

こんにちは、どうもダメ人間の管理人です。

僕は1年ほど前からToDoリストを使ってきましたが、最近はほとんど使うことがなくなりました。

ToDoリストを使わなくなった理由(オススメできない理由)、それからToDoリストよりも効果的なことを書いていきます!

 

スポンサードリンク

ToDoリストとは?

改めてToDoリストとはなんなのか?から話していきます。

to do (トゥー ドゥー)は、直訳すると 「すること」 です。ここから転じて、「するべきこと」 という意味になりました。ToDo は、明確な締切りや期日があるスケジュールとは異なり、ある一定の期間内に 「するべきこと」 です。

つまりToDoリストは「するべきこと」を書いたリストということになります。

 

まぁ、みんな知ってるよね

やらされているような気がして嫌

面白いマンガは自然と読んでいるもの。

いや、まぁこれはマンガじゃなくてもいいんだけれど、例えば映画とかドラマとか自分の好きなことね。

だけれど惰性で読むようになってくると、消化作業になり、途端に読む気がなくなり嫌になります。

これは『読まなければいけない』という状態になっているからです。

つまり、ToDoリストは↑これと全く同じ状態です!!

やらされてやることは全部つまらない。だからToDoリストに書かれていることは取り組むモチベも低いです。

 

コンディションが毎日違うから

人間はロボットではないので、その日によって体調だったり、モチベが大きく違います。

その日『やれること』というのは、その日によって違うわけです!!

しかしToDoリストがあるとそれを基準に動いてしまいます。

これ、これがすごい恐ろしいし、逆に効率が悪くなっている理由だと思います。

どういうことかを話していきましょうか。

 

達成できなくて当たり前

ToDoリストの内容を達成できなかったときは「すごい罪悪感」を感じてしまいます。

しかし、人間なんだから「気分が乗らない日」もあるはずです。

毎日ToDoリストを達成できるのはロボットや機械であって、人間は毎日達成できるわけない!

これは強く思います。

ポイント
ToDoリストを達成できなくても、悩む必要はなし。自分がやれることだけ精一杯やればいい!

 

達成できたとき

これはこれで厄介です。

なぜかと言うとToDoリストに書かれていることを達成しただけで満足してしまうことが多いから

そうなるとToDoリストに書かれている以上のことはやらなくなります。

というかなんだか達成したらすごい頑張った気になってしまうので、「これ以上はやらなくてもいいかなぁ」と思ってしまいます。うん、僕みたいなグズ人間は特に。

でも達成できた日はだいたい気分が乗っている(調子がいい日)なので、本当はそれ以上やれるということが多いです。

ヤシタ
つまり、ToDoリストを見ないで取り組んだ方が、作業が捗る

 

毎日似たようなことばかり書いているから

ToDoリストを書いてて一番思ったことです・・・

「資格の勉強をやる、英語をやる、ブログを更新する、筋トレする・・・etc」

いやいや、お前、毎日同じことばかり書いているやんけ!!

 

『やること』って毎日変わることじゃないと思います。

だって「今日はこの資格を勉強して、明日はこっちの資格をやって」とか日によって変えて勉強している人もほとんどいないだろうし・・・

ヤシタ
だから『やること』ってのは書かなくても分かってることが多い

もしも、その日に特別な用事があれば、そんなのはスケジュール帳にでも書きゃいい

 

コツ

週間や月間の目標にした方がいい!

先ほど何度も言っていますが、日によって体力、気力、モチベなどは異なります。

それから飲み会などのイレギュラーが発生する日も多いと思います。
そんなとき無理にToDoリストに書いたことを実践しようとしたらストレスが溜まります

しかし「今月の目標(やらなければいけないこと)」にすれば明日でも明後日にも挽回できるので、こちらの方がストレスが溜まらないのでオススメです。

逆になにも目標を設定しないで取り組むよりも効果的だと思います。

 

直感を当てにしろ!

ToDoリストは書かなくても、先ほど言ったように本当は『やるべきこと』が分かっている場合が多いです。

ですので、取り組んでいて、「なんか違うな」「これはしっくりくる!」という自分の直感を頼りにすることをオススメします。

なぜかと言うと「直感は90%当たる」からです。

僕が尊敬するメンタリストDaiGoさんのこちらの本に書かれています。

 

実際に僕はゲームをやっているときや、取得して意味のなかった資格の勉強をやっているときは「なんかこれは違う」と直感が言っていました。

直感を信じて良かったということはありますが、「直感を信じなければ良かった」ということは今までありません。

ToDoリストを使うことは悪いことではありませんが、

それよりも「取り組んでいてどう感じるか」ということをしっかり意識することが大切です

スポンサードリンク