金持ちに「なれる人」と「なれない人」の違いを教えていく

今回はお金の話です。

人はすぐに利益が得られる方に目がいってしまいますが、もう少し冷静に考えた方がいいかもよ。ということを伝えます。

 

質問です

あなたは下記の2択ではどちらを選びますか?

●今すぐ10万円手に入る

●1年後に11万円手に入る

 

おそらく前者を選んだ人が多いのではないでしょうか?

それもそのはず、先月の日経新聞に「今すぐ10万円手に入るのと、1年後に11万円手に入る」というのでは、前者を選ぶ人が多いという記事が載っていました。

 

つまり、何が言いたいのかというと、「目先の欲」を重視する人が多いということです。

 

すぐお金になることは、お金にならない

 

ある程度のお金に関する本や、お金持ちのブログなどをずっと読んできて分かったのですが、「即金性のあることはお金にならない」です。

 

にもかかわらず、私たちはすぐお金が手に入る方を選んでしまいます。

それとは対照的に、たくさんのお金が手に入ることは、とても時間がかかります。

 

分かりやすいように、例えを上げて説明していきます。

 

 

儲からない例

アルバイト

例えばアルバイトはすぐにある程度の収入が得られますが、そのまま続けても平行線で、右肩に上がっていきません。これでは数年後に大きな収入を得ることができませんよね。

 

短期的な株投資

株投資もデイトレードという短期投資は、短期間で利益を得られますが長続きしません。長期的に株を保有して少しずつ利益を得るというのが、一番堅実なやり方です。

 

 

儲かる例

プロ野球選手

年俸数億円をもらっているプロ野球選手だって、小学生や中学生のころからお金をもらっているわけではありません。ひょっとしたら頑張った褒美にお小遣いをもらっていたかもしれませんが、道具を揃えたり、部活の部費だったり、むしろ最初はマイナスから始まってますよね。

 

 

ブログ

ブログも同じことで、開始していきなり数万円の収入を得てる人なんていません。

月に十万円の収入を得るには1年はかかると言われています。そして、今やブログで月に数百万の収入を得ている人も、最初はレンタルサーバーを借りたりとマイナスからスタートしています。

 

 

結論

これで分かっていただけたと思いますが、大したお金にならないことは即金性がありますが、本当にお金になることはとても時間がかかります。しかもマイナスからスタートしている場合が多いです。

 

 

つまり、お金持ちに「なれる人」と「なれない人」の決定的な違いはそこです!

 

 

なにかひとつ好きなことを続けよう

前の記事で書いたんですが、

高年収の人は好きなことかどうか」で仕事を選んでいる。

低年収の人は「給料や労働時間」で仕事を選んでいる。と言いました。

 

このデータは私の予想とかではなく、しっかりとしたデータです。

 

ですので、お金にならないことはその人が本当に好きではないことである可能性も高いです。

逆に本当に儲かることは、あなたの好きなことです。

 

それを継続して、上手く収益化すればいいだけです。

 

収益化する方法を考える

「なにか一つ好きなことを続けろ」と言いましたが、ゲームが好きな人は、ただゲームだけをずっと続けても儲かりません。

例えばですが、そういうゲーム好きの人はゲーム専用ブログを作り、そっからアフィリエイトや広告収入で稼ぐという方法もあります。

※たくさんある内の一例を上げただけなので、これが正解ではないです。

 

 

どんなことでも収益化できる

私が尊敬する人に、好きなボードゲームで収益化した人がいます。

「ボードゲームをやり込み、知人や友人をたくさん作る」→「ボードゲームの会を主催する」→「ボードゲームメディアを作って広告収入を得る」という仕組みです。

その人は好きなことを仕事に変える天才です。

 

このように、割とどんなことでも収益化できます。

 

 

 

まとめ

「好きなことを収益化しろ」と言った理由ですが、本当に儲かることはとても時間がかかります。ですので、好きじゃないことだと途中で嫌になってしまいますし、なによりモチベが全然違うからです。

 

このように、あなたが好きなことを上手く収益化する方法を考えて実行すればいいです。

 

もちろんそれはすぐ儲からないです。すぐに儲かったらそれはそれで怪しいです。

 

すぐお金にならなくても嘆く必要はありません。なぜなら本当に儲かることは即金性がないからです

 

あまり収入のことは考えず、気長にやっていきましょう

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク