ニート生活にメリットなし!3ヶ月間やってみて分かった10個のデメリット!

お金と仕事

「働きたくないでござる」ってことでニートになりました。

正しくはニートでしたってのが正解で、

ニートはなんとなく自由で楽しそうという印象がそこはかとなくありますが、経験してみたらデメリットの方が圧倒的に多かったです。

とにかく1番思ったことは「精神的にいろいろと辛すぎた」でして、どうも長く続けることは難しかったですね。

今回は、僕がニート生活を3ヶ月間やってみて感じた10個のデメリットを書いていきます。

「ニート生活って実際はどんな感じなのか?」ってことや「現在ニートやっている人」にも伝えたいことがあるのでぜひお読みくださいな。

ニートになった理由

そもそも僕がニートになった理由は2つありまして、

以前はアルバイトで月18万ほど稼いでいたので「年末調整」的な理由が1番大きいです。

2つ目は「記事依頼や企業案件なども貰えるようになってきたので、そっちを頑張りたい」という理由からニートになることを選択しました。

学校には通ってませんが、書類上は一応「学生」だったり、わずかながらネットからの収益も発生しているので、ちゃんとしたニートとは呼べないのかもしれません。

アルバイトで「1ヶ月に15万円」稼いでみて思ったこと

2018.04.18

1日の生活スタイル

まず1mmの需要もないことは承知していますが、参考までにニートだった僕の1日の大まかな流れを書き記していきます。

もちろん日によって行動にばらつきはあるのですが、

時間 行動
11時 起床&だらだらする(動画、ニュース記事、株価)
12時 作業(ライティングやデザイン)
14時 昼飯(映画やアニメ鑑賞)
15時 作業(ライティング)
20時 夕食、風呂
21時 作業(ライティング)
23時 動画、読書
26時 就寝(ストレッチ)

ってな1日を過ごしていました。

朝の6時ぐらいに寝た日もありましたが、意外と昼夜逆転が悪化していないように思われます。

これは間違いなく「ナイトレスト」などのサプリメントを服用していた影響です。

ただ、時間が経つにつれてニート完全体化が進んできて、3ヶ月目なんて1週間近く家から出ない日までありましたね。

もう完全にアニメ『NHKにようこそ!』の主人公も舌を巻く引きニート具合ですが、可愛い女子高生が訪問してきてなんだかよく分かんないけどカウンセリング受けるという流れにはもちろんなりませんでした。

【評価】「NHKにようこそ」とかいうGONZOの良アニメwww

2018.06.10

ニート生活を3ヶ月間やってみて感じた10個のデメリット

①焦りと不安がやばい

1番強く思ったことはこれでとにかくうつ病との死闘」を繰り広げていました。

最初の1ヶ月目は快適で悠々自適に暮らしていましたが、日に日に不安や焦りは募るばかりで、最終的には苦痛にしか感じなくなっていきました。

ニートは組織に所属していないので、「人との関わりが極端に少なくなるのと、外出しなくなる」ことが不安を感じる大きな原因かと思います。

外部からの刺激がほとんどないのと無駄に時間がありすぎるため、「働いていないことや、将来のお金や仕事」などの普段気にかけないような些細なことがものすごく気になりましたね。

それと「体動かさない&日光に当たらないためビタミンDが少ない」というのも余計にメンタルを消耗していた原因でしょう。

そうなると血行が悪いので「しもやけ」がたくさんできたり、不安と不健康で「ニキビ」も大量発生したりで、休養のつもりがいろいろと追い詰められた地獄の3ヶ月間でしたね。

シタ↓
そう考えると組織に所属していないフリーランスの方々は尊敬できる・・・まじで

②迫り来る「孤独感」

物理的に人と接しなくなるので当然のごとく強い孤独感にも襲われました。

以前に『大学を休学してみてのデメリット』の記事でも「孤独感が襲ってくる」と書きましたが、ニートだとアルバイトすらしていないので、休学しているときと比じゃないほど孤独感が強かったです。

当然、周りの同年代は「学校に通っているか、働いているか」のどちらかが多いわけですが、ニートはそれより圧倒的に下の立場にいるわけなので、そういった精神的な理由での孤独感が特に怖かったですね。

一度だけ中学時代の友人から飲み会に誘っていただいたのですが、自分に劣等感を抱きすぎている影響でどうしても行くことができなかったです。

だからさらに友人付き合いが希薄になって、「このままずっと孤独なのでは?」と考え込んでしまうような悪循環にみごと陥ってしまいました。

シタ↓
メンヘラすぎでしょ

なぜ「孤独」だと絵が上手くなるのか?「ぼっち」が才能ある理由

2018.10.02

③作業効率(集中力)がめちゃくちゃ下がる

上の話と繋がってくるのですが、「焦り、不安、恐怖」がとにかく多いため、

作業しているときも「お金、仕事」など将来の不安ばかりで集中力が下がってしまったように感じます。

実際に僕はニートになって「新規メディアの構築や、いただいた記事作成、イラストの仕事」などをやっていたのですが、アルバイトしていた頃の方が時間が少ないにも関わらず、素早く仕事をこなせていました。

この「時間は大量にあるのに、効率はめちゃくちゃ悪い理由」として、

会社に勤めながら副業している人は、副業だけの人に比べて「副業の成功率が33%も高い」

といった科学的なデータがあります。

恐らく会社に勤めている方が精神的に安定しているからというメカニズムですが、僕はこの3ヶ月間でこれは身をもってその通りだと理解しましたね。

好きなことで生きていくとは言いますが、仕事しながら副業(好きなことに熱中)という道がなんだかんだで最強なのでは?とも考えさせられました

④行動力も下がる(引きこもりがちになる)

ニートになってからというもの行動力も下がりまして、酷いときは1週間ほど家から出なかったり、友人と遊んだ回数は100日中2回だけでした。

行動力が下がった主な理由として考えられるのが以下の3つです

  1. 組織に所属していないので出る理由が特に見当たらないから
  2. 焦りや不安を感じているので、自分に自信が持てないから
  3. 実家暮らしなので、知り合いに出くわすとバカにされそうで怖いから

1ヶ月目はそこまで感じなかったのですが、ニート完全体に進むにつれ自信を失っていきまして、

途中から「自分はみんなから笑われているのでは?きっとそうだ」など疑心暗鬼に陥り、気がつけば近所のブックオフや図書館にもほとんど行かなくなっていました。

僕のはちょっと極端な例かもしれませんが、ニートになればよほど外向性が高くてお金に余裕がある場合を除いて、「引きこもりになりやすい傾向」は間違いなくあるでしょう。

シタ↓
みんなは1歩でも毎日外に出ような!
ウエ↑
それは目標低すぎでしょ

⑤物事を主観的にみてしまう

それからニートになって「決断力や思考力」にも大きな悪影響が出てきました。

どうやら僕は不安を感じすぎた影響で決断力が欠如してしまったらしく、

「このまま大学をやめて、田舎に移住して、バイトしながら通信制の大学に通おう。そしてそのままフリーでぼちぼちやっていこう!」

と今思えば謎すぎる将来設計を本気で決断しようとするほどまでに頭がおかしくなっていました。

友人にアドバイスを求めて我に返ることができた

ところがある日、友人にそのことを相談したら

「なに言ってるんだコイツ、普通に大学は辞めない方がいいだろ」とめちゃくちゃ冷静な返信をいただいて、それで自分はひょっとするとおかしいかもと我に返れたわけです。

多分この友人がいなければ今頃は大学を辞めて長野県に住みながらフリーターやってたと思いますね。99%そうする気でいたので。

今だから客観的に物事を見ることができるので、「なんでこんなバカらしいことを考えたんだろう」と思えるわけですが、これでも当時は悩みまくって必死に決断したつもりだったんですよ。

まぁこれは「ニート=思考力の欠如」ではなく、「ニートになったことによって起こるお金や将来の不安=思考力の欠如」に因果関係があるのでしょう。

心理学的にも自分で決断するよりも、他人が決断した方が客観的な判断がくだせると言われています。自分のことだとさまざまなバイアスがかかって見ちゃうからですね。

⑥時間がありすぎる

NEWGAME 1巻より(一部改変)引用

ニートのメリットに時間がたくさんあることがあげられますが、僕はこれもデメリットだと思っています。

なぜかというと、時間がたっぷりあると「忙しいときでは考えないような不安」をたくさん感じるようになるからです。

例えば僕は、アルバイターのときは日経平均株価なんて毎日チェックする暇がありませんでした。しかし、ニートは暇なので毎日かかさず株価をチェックするようになり、保有している銘柄が下がっているたびに不安を感じました。

また基本的に毎日がほとんど同じことの繰り返しなので、刺激も非常に少ないです。

そうなると「1日が過ぎ去る時間がものすごく早くて退屈だと感じたり、今日もなにもできなかったなぁという罪悪感も抱く」ようになります。

その結果、1日の満足度がめちゃくちゃ低くなり、それがさらにストレスを生んでいました。

シタ↓
時間が山ほどあっても楽しいわけじゃない、むしろ体感的な満足度は大きく下がったというのは面白い発見だな~

大学生が「株投資」を1年間やって思った5つのこと

2017.12.24

⑦家族の目がめちゃくちゃ気になる

僕がニートをやっている3ヶ月間は実家で暮らしていましたが、それが返ってうつ病を悪化させる要因だったようにも思います。

なんせニートなので家族からゴミのような扱い少し厳しい扱いをされます。

僕の父親は「電気代、ガス代、水道代」を払ってくれていたり、母親は夕飯だけは作ってくれるので、無料で住まわせてもらっているから親に申し訳ないという思いが強くありました。

もちろんその分の家事を毎日手伝ったりしましたが、「早く自立しなければ・・・」というプレッシャーと使命感に耐えられず、家を出るに至りました。(現在はリゾートバイトで寮生活してます)

それから僕の家族は「辛い思いして働くべき」という考え方なので、ネットでの収益化に全く理解がないのも余計に辛かったです。

「だったら1人暮らしニートが最強か?」という疑問が浮かんできますが、それはそれで孤独感が襲ってきそうなので、どちらにしてもいいことない気がします

シタ↓
実家暮らしのニート志望は覚悟しましょう
ウエ↑
そんな人おらんわ

⑧不規則な生活になる

毎日決まった時間に学校や会社に行く必要がないので、当たり前ですがニートになると自堕落な生活に成り下がってしまうのは当然でしょう。

上に書いたメンタル面はもちろんのこと、徐々に昼夜逆転もするようになってきました。

今までは「昼夜逆転しても健康被害がない」という知見もあったのですが、

割と最近では「夜更かしするとメンタル面悪化するし、さらに幸福度も下がる」という意見が強いので、なんだかんだでやっぱり夜更かしはよくないわけです。

それから体を動かす機会も全くないので「筋トレをやったり、毎日ウォーキングして自然と触れ合ったり、サプリメントで補ったり」でいろいろと健康を維持しようと頑張ってはみたものの、

根本的な解決にならないので、最終的にはめんどくさくなってどれも続きませんでした(根本的な解決策については後ほど記述します)

【快眠効果あり!】メラトニンのサプリを1ヶ月使って実感したこと!

2019.01.18

⑨視力が悪くなった

これは大きい変化でして、ニートになってから片目の視力が低下しました。

僕はほぼ外に出ないオーソドックスなタイプのニートなので遠くのものを見る機会が皆無です。そのくせ「スマホかパソコン」などの小さい画面を見続けているからか、片目の視力が著しく低下しましたね。

「目の体操」や「あずきのチカラ」や「ブルーライトカットメガネ」などで目を休ませているものの、根本的な解決にはなってないので、

疲れを軽減することはできたものの視力低下を防ぐことはできませんでした。

スマホ老眼は治る!』って本にも書かれているのですが、結局スマホ老眼を治すには「3日間スマホを使わない」などのスマホ断食が1番有効だったりします。

シタ↓
3日間デバイスに触れなければ視力回復する!って分かっているんだけど現実的になかなか難しい・・・
ウエ↑
それは甘え

⑩楽しくない(飽きる)

ここまでたくさんデメリットを綴ってきたので直接言葉にせずとも理解していただけていると思いますが、

ニート生活は楽しくありません

よく「ニートになって最初の2ヶ月は楽しい」ということを聞きますが、全くその通りでして、僕にとっては楽しかったのは最初の1ヶ月目だけでしたね。

ニートになったことがない人に伝えたいのですが、ニートは思っているより楽しいものではありません。

ただ、楽しくなかったということが身をもって知ることができたのは大きな収穫だったので、反対に「経験として1度ぐらいはいいかも」と思っている面もあったりします。

終わりに

「金に余裕があるか全く気にならない性格をしている人ならニートをやってもいい。

しかしそれ以外の人にはニート生活をオススメできない」

 

というのがニート経験を得た上での僕の結論です。

とにかくこの3ヶ月間は「組織に所属することと、人との関わりを持つことの大切さ」が身をもって学べた気がしますね。

フリーでやっていこう!と決意したとして、9割のフリーランス志望が爆死してるんで。

ニートにオススメするたった1つのこと

上でも触れましたが、僕は現在「温泉旅館でリゾートバイト」を始めた影響で、メンタルが改善され不安も感じなくなりました。

ニート中にも「ストレス対策に関する本をたくさん読んだり、アロマオイルなどのリラクゼーション法ボディスキャン瞑想効果のあるサプリ、ウォーキング」などいろいろと試したのですが、

根本的にメンタルを改善(不安を克服)するには至らず、根本から変えていくには環境(住んでいる場所や、働いてお金を稼ぐなど)を大きく変えるのが1番有効だと理解しましたね。

僕が働いているところは岐阜の旅館ですが、豊かな自然に囲まれていたり、同じライターの友人もできたりで楽しいです。

あと深刻な悩みだった「しもやけ、ニキビ」まで改善されたりで、ニート時代より快適な日々を送っています。

 

実を言うと僕がこの記事を書いたのはリゾバをオススメしたかったからでもあります。(ちなみに僕はリゾバ.comから応募しました)

もしあなたが「ニート、フリーター、休学生」ならば絶対にやっとけってレベルでオススメです。

理由に関してはこちらの記事に書きましたのでぜひお読みください!

「ニート、フリーター、休学生」が絶対にリゾートバイトを始めるべき5つの理由!

2019.02.26

スポンサードリンク